「CITIZEN FLAGSHIP STORE OSAKA」 が大阪・心斎橋にオープン

国内で2店舗目となるシチズンウオッチグループの商品を取り扱う旗艦店「CITIZEN FLAGSHIP STORE OSAKA(以下、シチズン フラッグシップストア 大阪)」が、2020年10月14日に大阪・心斎橋にオープンする。

旗艦店は、2017年に東京・銀座にオープンした「シチズン フラッグシップストア 東京」に続き2店舗目となり、関⻄エリア初出店となる。「CITIZEN(シチズン)」を中心に「Alpina(アルピナ)」、「Arnold & Son(アーノルド & サン)」、「BULOVA(ブローバ)」、「CAMPANOLA(カンパノラ)」、「Frederique Constant(フレデリック・コンスタント)」他、シチズンウオッチグループの主要ブランドを⻄日本最大級のコレクションで展開し、売場スペースは1階と2階部分、総売場面積は約215㎡となっている。

店内には最大700本の時計を展示するなど⻄日本最大の広さを誇り、定番商品だけでなく限定商品なども数多く取り扱う。



シチズン時計株式会社 社⻑ 佐藤 敏彦氏は、「2020年はコロナ禍において消費スタイルに大きな変化が起こり、デジタル化も急速に進んでいます。当社も2020年6月にECサイト『シチズン公式オンラインストア』の取り扱いブランドを拡充するなど、オンラインでの購入機会を増やしておりますが、商品を体感いただく場として実店舗を重要な場と捉えています。『シチズン フラッグシップストア 大阪』を拠点に、お客様との直接のコミュニケーションを大切にし、継続してブランドの魅力を発信してまいります」とコメントした。

「シチズン フラッグシップストア 大阪」は、「居心地の良い時を感じる場所」を空間コンセプトに、店内は白とナチュラルウッドを基調とし、どなたでも気軽に入りやすい上質な空間になっている。店内には「修理工房」を設置し、メンテナンスに関わる相談のほか、バンド調整や電池交換、一部点検作業も承る。世界中から集うゲストをおもてなしできるよう、外国語を話せるスタッフも常駐。

オープン後はお客様と直接繋がる場として様々なイベントやフェアの開催も予定とのこと。

RECOMMENDEDおすすめの記事