天才デザイナー ベルトーネが1台だけデザインしたポルシェ「911 スパイダー」

gooding

ジウジアーロが手掛けたポルシェのコンセプトカー、タピロも印象的だが、この911スパイダー コンセプトはベルトーネと共同で製作された唯一のポルシェである。

赤と金の紋章と911バッジがその正体を明らかにするように、その見た目はイタリアンテイストである。他のポルシェのコンセプトカーに見られるようなスタイリングとは異なっている。また、この1966年 911スパイダーのアイデアは、南カリフォルニアのポルシェの輸入業者でありディーラーであるジョニー・フォンノイマンによって、考案されたという点もユニークだ。

1950年代半ば、フォンノイマンはニューヨークのディーラーであるマックス・ホフマンと関わっており、ポルシェに「ブールマン・レーサー」を作ることを勧めていた。その"ブールマン・レーサー"というのは、普段は道路で見栄えするが、週末はトラックを走り回るオープントップの356 スピードスターを意味していた。そして、マックス・ホフマンは356で大成功を収めたのであった。



911が登場し、フォンノイマンは、カリフォルニアの気候を愛する顧客が真のドロップトップスポーツカーを求めていると確信していた。それを彼はチャンスとして、イタリアの有名なカーデザイナー ヌッチオ・ベルトーネにアプローチを行い、911スパイダーのデザインが誕生した。

フェリー・ポルシェ自身は、イタリアがデザインしたポルシェのアイデアにあまり関心を抱いていなかったという。しかし最終的には、ベルトーネにシャシーをファクトリーから販売することに同意した。プロジェクトの資金はフォンノイマンが出しているが、ポルシェは1台以上を製作する約束をしなかった。



最終的に完成した1台のコンセプトは、1966年のジュネーヴ・オートショーでポルシェが911タルガと一緒に発表している。ベルトーネによる911スパイダーは好評だったが、非常に高い価格が付けられていたという。その後はオークションにも出品され、コレクターのもとで保管されている。見た目も派手でないため、あまり知られていないが歴史に残しておきたい一台である。


ヌッチオ・ベルトーネがデザインした究極のショーカー|圧倒的な存在感を放つ正体は?

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事