横浜湾や横浜市街の素晴らしい眺望を楽しむことができる「オークウッドスイーツ横浜」開業

「オークウッドスイーツ横浜」が2020年10月31日に開業された。

横浜市内でも最高層・最大規模の複合施設「横浜北仲ノット」の 46 階~51 階を占有する「オークウッドスイーツ横浜」は、みなとみらい線「馬車道駅」に直結し、JR 根岸線「桜木町駅」からも徒歩5分の好立地て。併設する商業・文化施設「北仲ブリック&ホワイト」には、ショップや飲食店、スーパーマーケットのほか、世界的に有名なライブレストランも有する。山下公園、中華街、横浜赤レンガ倉庫などの観光名所も徒歩圏内である。

全175室の部屋からは、横浜湾や横浜市街の素晴らしい眺望をお楽しみいただける。部屋タイプは、快適なスタジオ(ワンルーム)から、ラグジュアリーな3ベッドルーム コーナースイート(ベッドルーム 3部屋+リビングダイニング)まで幅広く用意しており、多様なライフスタイルとニーズに対応。



部屋には家具一式、食器や調理道具が揃うキッチン、冷蔵庫、洗濯乾燥機を完備し、安らぎを感じられるプライベートな空間が広がる。さらに高層階でありながら全室にバルコニーが付いており、開放的な景色を満喫できる。横浜ベイブリッジや横浜湾の眺望と共にくつろげる滞在者専用のレジデンツ・ ラウンジでは、飲みものを24時間楽しむことができ、同様の眺望が楽しめるフィットネスセンターも24時間利用可能。

また、46階にはレストランとバーも併設されている。優れた利便性とラグジュアリーな空間は、プライバシーとセキュリティーに配慮し、出張やレジャーの旅行に1泊からはもちろんのこと1週間、1ヶ月、1年などの長期滞在にも最適な宿泊施設である。 



「横浜市初の国際的なホテルサービス付きレジデンスのブランドとなるオークウッドスイーツ横浜は、コンテンポラリー・ラグジュアリーに慣れている経験豊富な旅行者やシニア・エグゼクティブに対し、 オークウッドのシグネチャーであるホスピタリティ・エクセレンスを披露します。パーソナルスペースやライフスタイルに妥協することなく、完璧なサービスを求めるお客様のニーズに対し、従来のホテル体験とは一線を画した、表に出過ぎない控えめなサービスでお応えすることをお約束します」と総支配人に就任したクリスチャン・ボーダーは話す。

開業にあたりメープルツリーの副最高経営責任者チュアー・ティアウチャイ氏は、「オークウッドアパートメンツ麻布台に続き、当社が所有する2軒目のオークウッドブランドをオープンできることを大変うれしく思います。現在の世界情勢にもかかわらず、オークウッドは継続的にホスピタリティ業界におけるポートフォリオを拡大し、運営を展開していきます。 メープルツリーは、グローバルなブランドの確立に向けて、世界市場における宿泊施設の資産開発と取得の機会を積極的に追及してまいります。オークウッドスイーツ横浜の開業は、私たちにとって重要なマイルストーンとなるでしょう」と述べている。

RECOMMENDEDおすすめの記事