アマガエルをイメージした一台も!奇抜なネオンカラーのロールス・ロイスが登場

rolls royce

ロールスロイスがネオンカラーのブラックバッジシリーズを発表した。ブラックバッジのバリエーションはすべて黒でなければならないという先入観は、これらのネオンナイトカラーによって覆される。

「ネオンナイトは、自然からインスピレーションを得たロールス・ロイス・ブラックバッジの活気に満ちた三部作です。新しく開発されたビスポークペイントは、レイス、ドーン、カリナンのブラックバッジのバリエーションに適用されます。これは、ロールス・ロイスファミリーのより暗くてエッジの効いた"エンファンテリブル"です。オーストラリアの緑のアマガエル、ハワイの木の花、エキゾチックな蝶など、自然界からヒントを得たこれらの限定された色合いは、ブラックバッジの色をより大胆に示し、世界中の顧客にアピールします」とロールス・ロイスモーターカーズのオーダーメイドのデザイナーカラー&トリムのサミ・クルタスはコメント。



レイス・ブラックバッジは、オーストラリアの緑のアマガエルにインスピレーションを受けたライムロックグリーンで仕上げられている。これは、ロールス・ロイス・ビスポークペイントスペシャリストのサミ・クルタスがシドニー北部のタムワースへの旅行で最初に出会ったもの。インテリアはシヴァログレーレザーで覆われ、ステッチとパイピングの形でライムロックグリーンのアクセントがつけられている。



このドーン・ブラックバッジのために作られた印象的なイーグルロックレッドは、ハワイ原産の常緑樹である「オヒアレフア」の花を模倣している。インテリアは、鯉をイメージしたレッドのステッチとパイピングのディテールが施されたセルビーグレーレザーで仕上げられている。



カリナンは、エキゾチックな蝶 レトゥスペリアンダーにインスピレーションを受けている。蝶の活気は、カリナンのミラボーブルー仕上げで忠実に捉えられている。アークティックホワイトレザーのインテリアは、美しいコントラストを生んでいる。



ネオンナイトは、2019年のペブルビーチイベントで発表されたゴースト、レイス、ドーンのパステルカラーコレクションからの一連の流れだという。これらは、世界中から注文可能とのこと。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事