技術はここまで進化した!メルセデス・ベンツの「MBUXハイパースクリーン」

メルセデス・ベンツが最新技術を用いた新型インフォテイメントシステム「MBUXハイパースクリーン」を公開した。

ハイパースクリーンは、中央に大きなディスプレイを配置するのではなく、ダッシュボード全体が画面となる。これは、幅56インチの1つのカーブパネルで、24GBのRAM、8コアCPUを搭載している。



パネル自体は、キャデラックエスカレードにあるようなOLEDユニットであり、タッチフィードバックアクチュエーターを備えている。ドライバーの前にはメーター、メインのインフォテインメントは中央、乗客の前には3番目のディスプレイがある。この3番目のディスプレイは、乗客にエンターテインメントを提供するものとなる。エアコン吹出口はディスプレイの両端にあり、ディスプレイに内蔵されたアンビエントランプと連動してカラーが変わるようになっている。



メルセデスはまた、より簡単にナビゲートできるように設計された新しいAIシステムを組み込んでいる。最も頻繁に使用される機能とアプリケーション、およびそれらをいつどのように使用するかを学習するように設計されている。同じ時間に誰かに電話をかけていると、その時間に電話をかけるかどうかを尋ねられるようになるそうだ。

ハイパースクリーンの価格は発表されていないが、高価になることは間違いないだろう。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事