栄光の歴史が注ぎ込まれたポルシェ 911 タルガ4Sヘリテージデザインエディション

Porsche AG

エンジニアのLaura Kukukは、スポーツカーの鑑定士およびクラシックカーの専門家として世界中から需要を集めている。27歳の彼女は911タルガ4Sヘリテージデザインエディションに関して評価していく。

タルガ4Sヘリテージデザインエディションのデザイン要素は、550と356、および1960年代初頭の最初のタルガを思い起こさせます。しかし、これは実際には現在の時代におけるポルシェ911です。

鑑定士でありクラシックカーの専門家である私は、とても特別な車両の検査とテストに日々を費やすことができて非常に幸運です。技術的な側面に加えて、細部の独創性をチェックすることにも焦点を当てています。また、車の歴史についても広範囲にわたる調査を行っています。なぜなら、車はその物語がわかっている場合にのみ本当にその車を生き返らせることができるためです。ヘリテージデザインの特別な要素を研究するために、私は初期のタルガモデルをよく見ました。2.2リッターエンジンと黒/黒のシートを備えた1971年モデルです。 2台の車が並ぶと、多くの類似点がわかるでしょう。



ホイールから始めましょう。タルガには世界初の鍛造アルミニウムホイールであるクラシックなフックスリムが備えられています。ヘリテージデザインでは、これを、現代的に解釈しました。ヘリテージデザインエディションでは、クローバーリーフの形をしたフックスのリムが復活し、再解釈され、黒い光沢のある明るいアルミニウムの側面の両方がリンクしています。ブレーキキャリパーは、特にクラシックな外観を維持するために黒く塗装されているため、背景に目立たないように溶け込んでいます。一方、ホイールハブは1963年の伝統的なポルシェロゴで飾られています。



そして、エンジニアとして、特にタルガルーフのデザインに感銘を受けました。私が注目しているのは、新しいモデルに採用されているメカニズムです。わずか15秒でエレガントにルーフを収納できるものを開発したことは、エンジニアリングにおける真の偉業です。



ヘリテージエディションのインテリアはツートンカラー。コーデュロイ製のシートパネルとインテリアドアトリム、レザーでトリミングされたAピラーとインストゥルメンタル。視覚的なハイライトは、ステアリングホイール、ヘッドレスト、センターアームレストにある歴史的なポルシェクレストです。



私が本当に見せたいもののひとつは、1950年代の典型的な緑色の数字を特徴とする伝統的なポルシェアナログなレブカウンターです。チェリーメタリックのボディカラーは、ツートンカラーのインテリアと調和し、シートのコーデュロイやインテリアドアトリムパネルと美しく融合されます。このヘリテージエディションと過ごしていると、見事に栄光の歴史が注ぎ込まれていることが良くわかります。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事