日本初公開!築200年の歴史的建造物 、ロンドンの高級個人住宅をアルマーニが華麗に再生

Davide Lovatti @ CAOS18

2004年の発足以来、世界中の魅力的なインテリアデザインプロジェクトを展開し続けてきたアルマーニ / カーザ インテリアデザインスタジオ。すべてのプロジェクトは、デザイナー ジョルジオ・アルマーニ本人が指揮を執っている。そのスタジオが手掛けた最新のプロジェクトがモダンリビング誌で日本初公開された。

約200年前に建てられたロンドン・ナイスブリッジにあるタウンハウスは、ビクトリア様式の建造物が色濃く残る、延床面積860㎡を有する7階建ての建物。この壮大な建物は、なんと一個人の邸宅だ。その一棟まるごと全26室を、アルマーニ / カーザ インテリアデザインスタジオが現代のライフスタイルに合わせたモダンな空間に生まれ変わらせた。

1階のブレックファスト ルームは、多層ガラスの天井から内外の遮光システムを介してフィルタリングされた光が常に注ぎ、サンルームのように最高の自然光が空間を照らすように造り変えられた。市松模様に敷き詰めた大理石がモダンな印象をあたえる。



2階リビングルームの壁や天井、家具を彩る装飾たちは、重要伝統的建造物の一部である文化的装飾の保存条例によって建築当時のオリジナル図面に基づいて復元されている。窓枠や天井装飾などの伝統的な要素は生かし、直線的なデザインが特徴の『アルマーニの世界観』を踏襲した空間は、グレーとベージュを基調としたトーンで柔らかな印象に仕上がっている。 

1階に設けたライブラリーコーナーには、アルマーニ / カーザ オリジナルデザインの壁紙を用い、伝統的意匠の天井と見事なハーモニーを生み出し、今回のリノベーションのために制作された造作家具をみごとに引き立てている。



地階にあるスパ エリアは、グリーンを基調とした空間にまとめられ、アルマーニ / カーザのアイコニックなモチーフである竹林をプリントした壁が、室内でありながら外の空間にいるような解放感と自然との融合を感じられ、スタイリッシュな中にもリラックスできる空間を創り出している。

デザイナー ジョルジオ・アルマーニは、この邸宅の完成後に世界がにコロナ禍に見舞われた今の現状を踏まえ「これまでの私たちが生きてきた中で、環境というものの重要性をここまで痛感したことはない時代に直面しています。インテリアデザインにおいては、あらゆる空間に適応する方法を見出し、新しいライフスタイルに合わせてアイデアを再考し、サステナブルに歩みを進めていくことが重要だと考えています」と彼の普遍の倫理観をこのプロジェクトを通して語っている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事