ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイクに純正装着されたタイヤとは?

Photo : ハーレーダビッドソン ジャパン

ミシュランのモーターサイクル用タイヤ「MICHELIN Scorcher Sport(ミシュラン スコーチャー スポーツ)」が、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク、「LiveWire®(ライブワイヤー)」の新車装着用タイヤに採用された。サイズはフロントが120/70ZR17、リアが180/55ZR17。



この製品はミシュランがハーレーダビッドソンの各モデル向けに供給している MICHELIN Scorcherシリーズの最新パターンで、今回ハーレーダビッドソンとして初の電動スポーツバイク、LiveWire®の性能を余すところなく発揮するため、これまで同様、タイヤ開発における両社の協業によって電動バイクにおける加速・減速・制動といったあらゆる条件で最適化を図ることが可能になった。

MICHELIN Scorcher Sportは、LiveWire®の持つ定格トルクを瞬時に 100%発揮させる電動モーターにしっかりとしたグリップで応え、さらに低重心に設計された車体がもたらす安定した乗り心地とともに、優れたハンドリング性能でユーザーのライディングプレジャーに貢献している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事