新たなリゾート「ニュー ワールド」が2023年、北海道に誕生!

New World Hotels & Resorts

近年、アジア全域にリゾートを展開し成長を続ける「ニュー ワールド」ブランドが、北海道の羊蹄山とニセコアンヌプリの山間にある緑豊かな森林内に「ニュー ワールド ラ プルーム ニセコ リゾート」を2023年に開業予定であることが発表された。約3万6400平方メートルにも及ぶ敷地では、スキーやゴルフに加えて多彩なアウトドア体験を楽しめる。近くにはニセコビレッジもあり、ビレッジ内の有名なレストランやショップの数々も気軽に訪問することができる。

施設の建築を担当したのは、「株式会社大建設計」の奥山和子氏。現地環境の保護と発展を軸に織りなされるデザイン構造は、周囲の大自然が生み出すパノラマをうまく融合させたもの。ニセコを象徴する白樺を巧みに使用することで、屋外を屋内に自然に取り込む、自然と混じり合うかのような体験を可能にするのだという。また、インテリアを手掛けるのは「S.D.S International Co.」の新谷典彦氏。こちらも自然の風景の雄大さを映し出したコンテンポラリーな美学を追求したデザインに仕上げられる予定だ。

224室の客室とスイートを備え、客室にはキッチンまたはミニキッチンが付いており、我が家にいるかのように寛いで過ごすことができる。ゲストが暖かく過ごせるようにという配慮から、客室内露天風呂や暖炉も設けれる予定だ。物件を所有したいという要望にも応えらるよう、コンドミニアムや戸建てヴィラも販売予定だという。

なお、10階にはパノラマ眺望を誇る屋外デッキと、プール、ジム、屋内と露天両方の温泉が完備される予定。飲食施設は、シグネチャーレストランとオールデイ ダイニングの2軒、ロビーラウンジとバーから構成されることになっている。

このほか、子供が遊んだりゲームができる子供向けクラブも擁する予定で、家族でも安心して宿泊することが可能だ。よりアクティブな体験を希望する滞在者向けには、スキー、スノーボード、スノーモービル、スノーシューなどの雪山でのアクティビティから、カヌー、ラフティング、川釣り、乗馬、マウンテンバイク、ゴルフ、熱気球などのさまざまな屋外アクティビティのサポートが準備されるという。

美しい大自然と美味しい空気に囲まれた地で、こだわり抜かれたコンセプトとともに自分のスタイルに応じた滞在を満喫することができるだろう。開業予定まであと2年。待ち遠しい限りだ。


ニュー ワールド ホテルズ&リゾーツ
https://newworldhotels.com/jp/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事