文字盤の中に収まる芸術品|ピアジェのローズコレクションに新作が仲間入り

Piaget

ウォッチやジュエリーを手掛けるハイブランド、ピアジェより、メゾンを代表するコレクションである「ピアジェ ローズ」新作のウォッチ&ジュエリーが登場した。

このコレクションは、2002年に誕生し、以来メゾンを象徴するアイコンの一つとして愛されてきた。アトリエの職人によって丁寧に制作された各モデルは、息を飲むほど美しい品に仕上がっている。順にご紹介しよう。

「ピアジェ ローズ リング」

葉の深みある緑を表現したグリーントルマリンのリング。リング中央に約5カラットのトルマリンが配され、その周りを贅沢にゴールドで作られた花とダイヤモンドの蕾が飾る美しいデザインだ。このリングの制作には、完成までおよそ50時間を要するという。

18KPG、1個のオーバルカットグリーントルマリン(約4.92 ct)、8個のペアシェイプカットのグリーントルマリン(約1.36ct)、154個のブリリアントカットダイヤモンド(約1.69 ct) 
価格:501万6000円(税込)



「ローズブーケ メティエダール ウォッチ」

ゴールドのエングレービング、オーナメンタルストーン、彫刻、そしてエナメルを組み合わせるという、技術力を踏襲させた魅力的な一本だ。文字盤に彫刻されたきめ細やかなローズたちは、ブーケをイメージしたもの。パズルのような繊細な作業を経て完成する。

また、このウォッチで採用された“グリプティク”と呼ばれる宝石への彫刻技術は、本来主にジュエリーで使われる大きなストーンに用いられるもの。そのため、このようなミニチュアサイズで行われることは稀なのだという。





430Pピアジェ自社製薄型手巻ムーブメント、ゴールドエングレービング・23個のブリリアントカットピンクサファイア(約0.12ct)・6個のブリリアントカットパープルアメシスト(約0.04ct) ・12個のブリリアント カットダイヤモンド(約0.06ct)を配した文字盤、18KPG、径36mm/厚さ7.6mm、3気圧防水、48個のバゲットカットダイヤモンド(約1.63ct)、279個のブリリアントカットダイヤモンド(約1.47ct)、リューズに1個のブリリアントカットダイヤモンド(約0.06ct)、パワーリザーブ約43時間、ピンクアリゲーターストラップ、 18KPG製ピンバックル(23個のブリリアントカットダイヤモンド約0.04ct)
価格:未定



430Pピアジェ自社製薄型手巻ムーブメント、エナメル・ゴールドエングレービング、オーナメンタルストーンにグリプティク彫刻・9個のブリリアントカットグリーンツァヴォライト(約0.02ct)・37個のブリリアントカットダイヤモンド(約0.18ct)を配した文字盤、18KPG、径36mm/厚さ7.6mm、3気圧防水、48個のバゲットカットダイヤモンド(約1.63ct)、279個のブリリアントカットダイヤモンド(約1.47ct)、リューズに1個のブリリアントカットダイヤモンド(約0.06ct)、パワーリザーブ約43時間、コーラルレッドアリゲーターストラップ、18KPG製ピンバックル(23個のブリリアントカットダイヤモンド約0.04ct)
価格:未定



ピアジェ
www.piaget.jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事