ラグジュアリーブランドの社会的責務|リシャール・ミル1本の販売利益全額が寄贈される先は?

Richard Mille

毎年平均で約80チームが7つのカテゴリーに分かれて競い合うヨットレース「リシャール・ミル セントバーツ・ヨットレース」。開始以来10年間で、数万人の参加者と500艇あまりのヨットを世界各地から迎え、カリブ海を代表する海での一大行事になったこのイベントを、ウォッチブランドであるリシャール・ミルは初回のレースから立ち会ってサポートしてきた。

そしてこのたび、そのパートナーシップの証明として、80本限定の新作「RM 60-01 オートマティック フライバッククロノグラフ セントバーツ」が発表された。



だが、新型コロナウイルスによる世界的な状況の変化に伴い、開催される島へ入る際の隔離義務や不要不急の往来禁止などの措置が発生し、2021年度のこうした国際的イベントの開催は残念ながら不可能となってしまった。

しかしながらリシャール・ミルは、引き続きこのイベントへのサポートを行うべくプロジェクトを開始。これまでは毎年優勝者へリシャール・ミルの時計を1本贈呈していたが、今年はそれに代えてRM 60-01 1本の販売利益金額を、セントバーツの地域復興のために寄付すると発表した。



地元当局側とは具体的に活用していけるよう、島の医療健康施設や環境プロジェクトの中から寄付金の活用事業を決定するべく、話し合いを続けているのだという。予想のつかない海上の状況に挑むこのレース。新型コロナウイルスというまた違う意味で困難な状況下の中でも、リシャール・ミルとタッグを組んで、乗り越えていくことだとう。



RM 60-01 オートマティック フライバッククロノグラフ セントバーツ
RMAC2キャリバー、自動巻き、100m防水、ロッキングリューズ、62石、振動数28,800VPH、パワーリザーブ約50時間、80本限定
価格:2585万円(税込)



リシャール・ミル
https://www.richardmille.com/ja

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事