EVのGT40が誕生!?エヴァーラティ社とスーパーフォーマンスが提携

everrati

最先端の電気自動車用パワートレインを搭載することで、自動車のアイコンを再定義し、未来につなげることに特化したテクノロジー企業、エバーラティ社をご存知だろうか。この度、1960年代のコンティニュアス・スポーツカーのトップメーカーであるスーパーフォーマンス社と戦略的パートナーシップを締結した。

エバーラティ社は、世界で最も魅力的かつ象徴的な車の伝説をさらに発展させるために設立された。オリジナルの特徴を維持しつつ、最新の電動ドライブトレインを搭載して、精密に再設計されている。それぞれのモデルに、カスタムデザインの電動パワーユニットとバッテリーシステムが搭載されており、パフォーマンスの向上とゼロエミッションの未来を実現している。

一方でスーパーフォーマンス社は、歴史上の最も象徴的な車を現代に新たに蘇らせる高性能コンポーネントカーのフルラインを提供している。すべての車が、GMやSAFIR GT40などの商標権者からライセンスを受けて製作されており、”本物”の価値が提供されている。スーパーフォーマンスの車は、ローリング・シャーシとして販売され、伝統的なドライブトレインも最新のドライブトレインも搭載することができる。



両社のパートナーシップ提携により、電気自動車のGT40が生まれようとしている。すでにプロトタイプのシャシーが製作され、イギリスのコッツウォルズ地方にある旧米空軍基地、アッパー・ヘイフォードにあるエバーラティの英国開発センターで、電動化への適合も行われている。このモデルの詳細については今後数ヶ月のうちに発表される予定だ。



エバーラティ社の創業者兼CEOであるジャスティン・ラニー氏は「これは完璧なパートナーシップです。エヴァーラティ社とスーパーフォーマンス社の両社は、アイコニックな車に焦点を当てています。ランスと彼のチームは、歴史上最も伝説的な車のシャシーを正規に継承することに関して言えば、これ以上ないほど最高の人材です。これらのシャシーに、当社の先進的なEVパワートレインと精密なエンジニアリングを組み合わせることで、オリジナルのエッセンスと魂を保ちながら、パフォーマンスを向上させることができます。私たちは、最高のエレクトリックドライバーズカーを創造すると同時に、これらの真の過去の名車を未来に引き継ぐことを目指しています」と述べた。



また、スーパーフォーマンスのCEO、ランス・スタンダー氏は「本日発表するパートナーシップにとても期待しています。ジャスティンとエヴァーラティ社のチームは、21世紀に向けてこの自動車のアイコンを再構築するためのエンジニアリングの血統と専門知識に加えて、未来に対する魅力的なビジョンを持っています。私は常にV8エンジンを搭載した車が好きですが、エヴァーラティ社の先進的なEVパワートレインの性能については疑う余地がありません。私は、エヴァーラティ社がオリジナルの車の重量配分や特徴を維持するために行っていることに、心から感銘を受けました。電動化はさまざまな意味で未来であり、クラシックスポーツカーを愛する人々に新たな選択肢を与えてくれます」と話している。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事