世界に1台の250GTカリフォルニアスパイダー|街角にもパドックにも馴染むフェラーリ

All images copyright and courtesy of Gooding & Company. Photos by Brian Henniker.

フェラーリ250GTカリフォルニア・スパイダーは、史上最も認知度が高く、賞賛され、コレクターが多いスポーツカーの一つであることは間違いない。カリフォルニア・スパイダーは、フェラーリの西海岸代表であるジョン・フォン・ノイマンの指示のもと、重要な北米市場に向けて開発されたもので、250GTトゥール・ド・フランス・ベルリネッタと同様のオープンカーとして構想されていた。

カリフォルニア・スパイダーの各バージョンには、それぞれ独自の美的・技術的な特徴があるが、いずれも現代の250GTのシャシーをベースに、カロッツェリア・スカリエッティのスタイリッシュなコーチワークを採用している。

カリフォルニア・スパイダーは、真のデュアルパーパス・スポーツカーとして1957年から1962年にかけて106台が製造されたが、実際にはレースに参加できる状態で工場から出荷されたのはわずか数台にすぎなかった。50台生産されたLWBカリフォルニア・スパイダーのうち、約10台はチューンされたエンジン、リブ・アロイ・ギアボックス、リミテッド・スリップ・デフ、長距離用燃料タンク、軽量オールアロイ・ボディなどの競技用装備を組み合わせて供給された。SWBカリフォルニアスパイダーには、このような装備はほとんどなかった。



フェラーリの生産形態上、レース仕様のカリフォルニア・スパイダーは、生産期間中に1台しか生産されなかった。

極めて限られた生産台数であり、工場からの直接のサポートを受けられないにもかかわらず、工場でホットロッド化されたカリフォルニアスパイダーは、レースで素晴らしい結果を残した。1959年から1961年にかけてSCCAのB-およびC-プロダクション・クラスで活躍し、ブリッジハンプトン、ナッソー、ワトキンス・グレン、セブリング12時間レースなどでは優勝を果たした。

第一次世界大戦の英雄を父に持つイタリアのアマチュアレーシングドライバー、オッタビオ・ランダッチョは、1954年にランチア・アウレリアでミッレミリアに出場してレース活動を開始した。1955年、モンツァで250ミッレミリアを走らせた彼は、感銘を受け、1956年に自分のフェラーリを購入した。そして購入した250GTのツール・ド・フランスで、1958年までイタリアやオーストリアのさまざまなイベントに参戦した。

またランダッチョは、ツール・ド・フランスの代わりに、250GT LWBカリフォルニア・スパイダーを注文し、フェラーリに自分の仕様に合わせて製作してもらった。それがこの♯1235の250GTカリフォルニアスパイダーだ。フェラーリのビルドシートに記されているように、1235GTは普通のカリフォルニア・スパイダーではなく、明らかに競技用の車であり、最新の高性能コンポーネントが工場で装備されていたのである。

このカリフォルニア・スパイダーの心臓部に搭載されているのは、250テスタ・ロッサのエンジンのベースとなったコロンボ製V型12気筒の最新版であるティポ128Dエンジンである。ランダッチョのエンジンは、内部番号224Dで識別され、Hi-Lift tipo 130カムシャフト、ハイコンプレッション(9.3:1)のボルゴ・ピストン、コールド・エア・ボックスとオープン・ベロシティ・スタックを備えた3つのウェーバー36 DCL3キャブレターを搭載していたが、製造記録にはトロンベット(トランペット)と記されていた。1235 GTのオリジナルのフェラーリ・ダイノシートには、最高出力253ps/7200rpmと記録されており、これは他のLWBカリフォルニア・スパイダーよりも約20~30ps高い値だ。



また、フェラーリのビルドシートには、1235GTが競技用仕様のギアボックス(冷却効果を高めるためにリブ付きのアルミニウム・キャスティングを採用)、リミテッド・スリップ・デフ、アバルト製エグゾースト、航続距離を伸ばすための136リットルの巨大な燃料タンクなどを装備していたことが確認されている。

1235GTのためにカロッツェリア・スカグレッティが製作したスチールボディは、その卓越したメカニカルな仕様と同様に、完全なオーダーメイドであった。今や人気の高い美しいカバード・ヘッドランプを装備しただけでなく、数少ないカリフォルニア・スパイダーに共通する、競技用のクイックリリース式外部燃料フィラーを装着していた。ランダッチョは、このイタリアのサラブレッドを、赤に白と緑のセンターストライプという伝統的なトリコローレ(三色旗)のカラーリングで仕上げ、ミラノで“MI 416875”として登録した。



1959年の夏、ランダッチョは1235GTを駆ってイタリアのサーキットやヒルクライムに参戦し、最初の2戦でクラス優勝を果たした。9月には、ランダッチョにとって最後のレースとなる、GTカーにとって重要なイベント、コッパ・インター・ユーロパ・ディ・モンツァにカリフォルニア・スパイダーで出場した。ランダッチョはNo.78を装着し、3台のフェラーリ・ツール・ド・フランス・ベルリネッタとエリオ・ザガートのフィアット8Vに次ぐ総合5位に入賞した。ランダッチョのカリフォルニア・スパイダーでの好成績を受けて、フェラーリ社は1959年の公式イヤーブックに1235GTの写真を掲載した。

イタリア自動車クラブの登録記録によると、ランダッチョ氏は1959年10月にカリフォルニア・スパイダーを売却している。次のオーナーであるイタリア・ベルガモ在住のジュゼッピーナ・ピアッティ氏は、メタリックシルバーグレーに再塗装し、ハードトップとカスタムバーティカルバンパレットを装着して、1235GTを個性的に生まれ変わらせた。
1960年5月、ピアッティはカリフォルニア・スパイダーを3人目のオーナーに売却し、そこから35年間、イタリア人オーナーの手に渡っていったという。

1995年、マーク・ケッチャムは、イタリア・ヴィチェンツァのディーラーからカリフォルニア・スパイダーを入手し、その後3年間、顧客の間でトレードした。1999年頃、フェラーリのスペシャリストとして知られるチャールズ・ベッツ氏とフレッド・ピータース氏が1235GTを手に入れ、彼らが所有する優れたGTおよびスポーツレーシングフェラーリのコレクションに加えられた。ベッツ氏とピータース氏は、このカリフォルニア・スパイダーをモントレーのコンコルソ・イタリアーノやロサンゼルスのFCAナショナル・コンクールに出展した。

2004年以降、この唯一無二のカリフォルニア・スパイダーは、あらゆる時代のベスト・オブ・カテゴリーの自動車を厳選して集めたプライベート・コレクションとして大切にされてきた。現在のオーナーのもとで、1235GTは一流の専門家による最高レベルのレストア作業を受けている。初期段階では、カリフォルニア州コルテ・マデラで有名なフィル・ライリー社がエンジンの完全なリビルドとシャシーの微調整を行った。過去17年間、このフェラーリは数多くのローカルツアーに出場し、最近では2017年にコロラド・グランドのようなオーガナイズド・ラリーにも出場し、常に完璧なパフォーマンスを発揮してきた。



最近、1235GTのオーナーは、この重要なフェラーリをオリジナルのカラーリングに戻すことを決めた。このレストアは、この分野で最も尊敬されている専門ショップである、カリフォルニア州オークランドのモールコーチビルダーに託された。この1年間で、フェラーリは厳密なベアメタル・リペイント、新しいシートの装備、そして細部の仕上げを受け、1959年の新車時と同じように、クラシックなイタリアン・トリコローレを身にまとっている。



このカリフォルニア・スパイダーは、その外観や仕様がユニークであるだけでなく、オリジナルのシャシー、ボディ、主要部品がそのまま残っている、”本物”のモデルだ。特に重要なのは、工場出荷時のビルドシートのコピーによって、1235GTがマッチナンバーのエンジン(内部番号224D)とギアボックス(内部番号122D)を保持していることが確認できることである。

1235 GTの歴史を調べるために、委託者はレポート、当時の写真、登録書類、修復記録など、膨大なファイルを作成した。また、このフェラーリの販売には、レストアされていない状態の貴重な付属品のハードトップが含まれている。このトップが1235GTに新品で供給されたかどうかは確認できないが、少なくとも1960年に第2オーナーの手に渡った時からこの車の特徴であったことはわかっている。

このカリフォルニア・スパイダーは、ミラノの街角でもモンツァのパドックでも同じようにくつろげるオープン2シーターという、フェラーリのアイコニックなモデルのロマンティックな魅力を見事に表現しているのだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事