ポルシェ930ターボ・フラットノーズほか、注目のオークション出品車3選+相場情報

Octane Japan

デイブ・キニーは、米国市場のオークション・アナリストであり、『Hagerty Price Guide』を執筆している。今回は、ここ最近で彼が注目したオークション結果をいくつか紹介したい。

この1987年式ポルシェ930ターボは、1980年代を代表する名車で、まさにマイアミ・バイスを象徴している車でもある。これは、ポルシェのスペシャルウィッシュ・プログラムによる受注生産車で、1980年代らしい色合いのガードレッドで仕上げられ、シャンパンレザーのインテリアにはウッドトリムが施されている。


 
伝説的な3.3リッター・ターボチャージャー付き、空冷水平対向6気筒を搭載し、通常の4速MTが組み合わされており、希少なファクトリーパワーキットが新車時から装着されている。その他のオプション装備としては、センターコンソールに追加されたメーター、LEDブーストメーター、アンダーダッシュに追加された2個の風変わりなグローブボックス、ゴールドのBBS製スプリットリム、スポーツステアリングホイール、ヒーター付きスポーツシートなどがある。
 
走行距離はわずか4万6000kmで、オーナーズマニュアル、ドキュメントファイル、オリジナルツールキットが付属しており、ポルシェの認証も受けている。工場や関連書類に目を通すことなく、28万6000ドル(約3182万円)という落札価格が妥当であるか判断はできないが。


注目の「お買い得車」
1978年 リンカーン・コンチネンタル MkV



アメリカ・オーランド州・メカムフォード社の75周年とマークVの生産終了を記念して作られたこのフル装備のDiamond Jubilee Editionのリンカーンは、新車時の販売価格が21,000ドル以上だったと言われている。55,000マイルのこの車は8800ドル(約98万円)で落札された。


注目の「掘り出し物」
2005年 キャデラックXLRコンバーチブルアメリカ・オーランド州・メカム



2004年から2009年まで製造されたXLRは、キャデラックのフラッグシップモデルで、巧みなリトラクタブル・ハードトップを備えている。ケンタッキー州ボウリンググリーン工場でシボレー・コルベットと一緒に製造され、GM“Y”プラットフォームを共有していた。全盛期の2005年には、3370台が生産されたが、総生産台数はわずか1万5460台であった。この車は、赤の外装にレザー張りの内装を備え、7万7937マイル走行。2万4750ドル(約275万円)で落札された。



ジャガーXJ220のオークション相場動向 
ロッド・ローズによるオークション価格の分析も興味深い。今回はジャガーXJ220の相場動向を見ていこう。

ジャガーXJ220は、542bhpのエンジンを備え、0-60mphを3.6秒、最高時速が212.3mph(約341.6km/h)を発揮して「世界最速の量産車」の称号を持つ。1992年に納車された最初の車の販売価格は約47万ポンドだった。



しかし発売当時、バブル経済の終焉によるスーパーカー市場の急激な縮小、TWが少数台数を放ったV12エンジン搭載のジャガーXJR-15との競争など、販売面でのマイナス要因が立ちふさがった。その結果、多くの車が売れ残り、ジャガーのディーラーはその後の数年間で、定価より10万ポンド安く販売したといわれている。
 
2014年11月にシルバーストン・オークションでは、6000マイルの車が24万7500ポンドで売れ、2019年7月のグッドウッドでは、9346マイルの右ハンドル車が41万4000ポンドで落札されてオークションで最高値を記録した。その1年後のRMサザビーのエルクハート・セールでは、左ハンドルの6822km走行車が、48万3500ドル(34万8,000ポンド)で落札された。これについて、XJ220の第一人者であるドン・ローは次のように説明している。

「私たちは昨年、走行距離の少ない右ハンドル車を49万5000ポンド(約7531万円)で販売しました。私たちが再委託したもので、素晴らしい状態でした。このように、実績、走行距離、状態、そして専門家による最近のメンテナンス履歴が、価値に与える影響は大きいのです」

「69台の右ハンドル車は、その希少性から、常に5万ポンド前後のプレミアムがついていたといえるでしょう。イギリスのEU離脱以降、その差は広がり始めています。イギリスから欧州にLHD車を販売するとVATが課されるようになりました。走行距離に関しては、その車が有名な専門家によってメンテナンスされていたかどうか、きちんと再整備されていたかが重要です。パワーステアリングも、運転補助装置も、トラクションコントロールもありませんが、適切に整備されていれば、非常に寛容で信頼性の高い車です」


編集翻訳:伊東和彦 (Mobi-curators Labo.)  原文翻訳:オクタン日本版編集部

編集翻訳:伊東和彦 (Mobi-curators Labo.)  原文翻訳:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事