予約必須のスパークリング日本酒|食中酒として楽しめる「深星|SHINSEI」

SHINSEI

日本酒事業を運営する株式会社Clearより、山梨県で1750年に創業した山梨銘醸を醸造パートナーに迎え、スパークリング日本酒「深星 | SHINSEI」が発売される。

“料理とのペアリングで真価を発揮する最高峰のスパークリング日本酒”をテーマにして生み出されたこの新作は、あらゆる料理に寄り添うことができる多才な日本酒。グラスに注ぐと、静かに美しく湧きのぼってくる気泡がなんとも美しいのはもちろんのこと、口当たりも滑らかで、シルキー。柔らかく細かな泡は、どんな食事にも自然とマッチングするよう計算し尽くされているのだ。



このスパークリング日本酒のうまみの根源は、ある醸造方法がポイントとなっている。一般的な日本酒は、「水・米・麹」を使用して醸造されるが、この深星では“再醸仕込み”と呼ばれる醸造方を採用しており、仕込みの際、水の代わりに一部日本酒を加えている。つまり、日本酒を造る過程で、日本酒を使用しているということだ。これにより、より多層的で奥行きのある味わいを表現することが可能となり、瑞々しい泡の質感や、甘さ・酸味・苦味のバランスを、うまく保っているという。



シンプルで華やかなボトルデザインと、優しい飲み口の本プロダクトは、従来の日本酒ほど合わせる食事や”飲みにくそうなイメージ”が無いため、これからの年末シーズン、クリスマスやお正月のホームパーティー、ちょっとしたプレゼントにもぴったり。いつものシャンパンや日本酒の代わりに選んでみるのもいいかもしれない。


深星 | SHINSEI
製造者:山梨銘醸(山梨)
原料米:山梨県産夢山水100%
精米歩合:67%(麹米57% 掛米67%)
アルコール分:12.0%
日本酒度 :-7
酸度:2.4
アミノ酸度:1.5
火入れ:1回
内容量:720ml
価格:3万5200円 (税込・送料別)



購入をするには、こちらより、事前登録が必要となる。登録後、商品購入案内ページより購入の申し込みが可能だ。なお、商品の発送は2021年10月より、完成次第順次配送される予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事