自動車メーカーはなぜWRCという過酷な舞台に挑戦するのか?|日本車挑戦の軌跡を辿る企画展

トヨタ博物館

世界の自動車メーカーが威信をかけて開発した市販車ベースの競技車両で、世界中の公道を舞台に戦われるWRC(FIA世界ラリー選手権)。今年も伝統のラリー・モンテカルロを皮切りに、ハードな戦いが繰り広げられている。

自動車メーカーがWRCに挑戦するのは、過酷な条件下での極限の走りで得られた経験やノウハウを市販車の開発にフィードバックし、より魅力的な車をカスタマーに届けるためである。

日本のメーカーも例外ではない。半世紀近く前から、多くの日本メーカーがWRCに参戦してきた。かつて2度にわたり日本車が年間全戦を制覇し、「日本車でなければ勝てない」と言われた時代もあった。

ダットサン 240Z(1973)

トヨタ セリカ ツインカムターボ(1985)

スズキ SX4(2008)

10月30日からトヨタ博物館で開催される企画展『激走!! 2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡』では、トヨタ、日産、マツダ、三菱、SUBARU、スズキ、ダイハツの代表的なWRC参戦車両が一堂に展示される。会場はマンガ仕立ての2.5次元イメージの空間とし、日本車のWRC挑戦の軌跡が紹介される。


企画展『激走!! 2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡』
会期:2021年10月30日(土)~2022年4月17日(日)
場所:トヨタ博物館 文化館2階 企画展示室
内容:世界中の公道を舞台に市販車ベースの競技車両で戦われるWRC(FIA世界ラリー選手権)における、日本車挑戦の歴史を、7社12台の各社の代表的な参戦車両で紹介。
展示車両(年代順・同年のものは50音順)
 ダットサン 240Z(1973)
 三菱 コルトランサー (1974)
 マツダ RX-7(1979)
 ダイハツ シャレード(1982)
 日産 バイオレット (1982)
 トヨタ セリカ ツインカムターボ (1985)
 トヨタ セリカ GT-Four (1990)
 SUBARU レガシィ(1993)
 SUBARU インプレッサ(1996)
 トヨタ カローラ WR-Car (1997)
 三菱 ランサーエボリューション(2001)
 スズキ SX4(2008)
協力:スズキ㈱、㈱SUBARU、ダイハツ工業㈱、日産自動車㈱、マツダ㈱、三菱自動車工業㈱、㈱ラック、ラリージャパン事務局(順不同)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事