レーシングゲームの金字塔『グランツーリスモ』と、ブレンボがパートナーシップを締結

brembo

1997年からプレイステーション用ゲームソフトグランツーリスモの開発を手がけるPolyphony Digital Inc.は、ブレーキングシステムの設計と製造で業界を牽引するブレンボをグランツーリスモ 7のブレーキングシステムのオフィシャルテクニカルパートナーに選出した。この新作は2022年4月に発売開始され、PS4およびPS5でプレイ可能だ。

グランツーリスモ 7でプレーヤーが自分のマシンのパフォーマンスをアップグレードすることができるバーチャルショップ、Tuning Shopではブレンボのブレーキのアップグレードが可能だ。



ゲームが進むにつれて、プレーヤーはオリジナルのブレーキディスクをスポーツレンジのものから別のブレンボブレーキングシステムのプロダクトにアップグレードさせていくことができる。ラインナップはロードカー向けとして最高レベルの性能を誇る最も特徴的なプロダクトまで幅広く用意され、これにはカーボンセラミックブレーキディスクやGT|BMキャリパーも含まれる。また、カラーも8色から選択できる。

「ブレンボのブレーキシステムの独自性をグランツーリスモシリーズにお届けできることを、大変誇りに思います。この象徴的なドライブシミュレーションゲームは、およそ25年前の発売以来、世界中の何百万人ものゲーマーによる力強いコミュニティを構築してきました」

と、ブレンボの最高経営責任者、ダニエル・スキラッチは言う。

「ブレンボにとって、このパートナーシップは、私たちのビジョン「Turning Energy into Inspiration」に沿った、若い世代の人たちとの繋がりを得る特別な機会だと考えています。今回、私たちのブレーキシステムのパフォーマンスとデザインが現実世界のアスファルトの上からグランツーリスモ 7のバーチャル世界へとやってきました。私たちが目指すのは、実際の運転体験と同じように、プレーヤーのゲーム体験をより一層強化することです」



「私たちが最初のGran Turismoをリリースするその前から、私にとってブレンボはヒーローブランドでした」

Polyphony Digital Inc.の代表取締役でありグランツーリスモシリーズのプロデューサーでもある山内一典氏は言う。

「昔ストリートレーサーだったころ、私はよくブレーキのフェード現象に悩んでいました。これは、当時のほとんどの量産車には、ごく一部の例外を除いて、車のパワーと重さに見合ったブレーキが装備されていなかったためです。私はサーキット上でブレンボブレーキの信頼性の高さをずっと感じてきたので、結果的にこのブランドとのつながりを常に持ち続けていました。そのため、真にハイパフォーマンスなブランドと言えるブレンボとグランツーリスモとのパートナーシップを発表できることを、嬉しく思います」



過去60年にわたり、ブレンボは、設計、エンジニアリング、テクノロジーに最新のイノベーションを取り入れながら高性能ブレーキシステムの開発と製造を手掛ける業界のリーディングカンパニーとして君臨し続けている。その高品質で実績のある効率的なプロダクトは、量産の車両やバイクだけでなく、最も有名なモータースポーツの世界選手権に参加するレーシングカー/バイクにも使用されている。

ブレンボ製品の外観と仕様については、グランツーリスモ 7のブランドセントラルに表示される。また、ブレンボの60年の歴史についても、ブランドセントラルミュージアムで紹介される。更に、ゲーム内の様々なサーキット・コース上において「ブレンボ」のブランド名が表示される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事