日本のアートシーンをアウディがサポート|気鋭のアーティスト作品を展示販売するギャラリーをオープン

Audi

日本を代表する気鋭の現代アーティスト10 名の作品を集めた期間限定のアートギャラリー「CADAN ROPPONGI presented by Audi」がオープンした。これは、日本の現代美術シーンを牽引する一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN)、そして株式会社 MAGUS(マグアス)両社が協力して実現したもので、これまでにない本格的な現代アートギャラリーとして注目を集めることは必至だ。

2021年10月22日(金)から11月3日(水・祝)まで、六本木ヒルズ内の六本木ヒルズカフェにて開催。このギャラリーでは、今井俊介、大野智史、大山エンリコイサム、川人綾、小林優平、SHIMURAbros、二艘木 洋行、藤崎 了一、前田 沙希、ユアサ エボシ 各氏10名の、CADAN 所属ギャラリーが推薦する新進気鋭アーティストによる作品を展示・販売する。



会場には大山エンリコイサム氏とコラボレーションし、オリジナルラッピングを施したアウディ最新のフラッグシップ電気自動車 アウディe-tron GTや、アウディのデザインヘリテイジ、 初代アウディTTクーペも展示されている。



日本では美術館などでアートを鑑賞できる機会が多い一方で、欧米に比べると自身でアートを所有して楽しむというライフスタイルを送る人は多くない。そのため、このギャラリーではより多くの人々に、現代アーティストの作品を鑑賞するだけでなく、ギャラリー形式により気に入った作品を購入できる機会を設けている。

アウディは「Vorsprung durch Technik (技術による先進)」をスローガンに掲げ、高性能で品質の高い車を生み出しているが、ブランドの骨格を成す大切なDNAに「デザイン」がある。タイムレスな美しさこそがアウディのデザイン哲学であり、美しいアートやデザインは、日常を豊かにする非常に重要な要素の一つであると考えている。アウディではこのような機会を通して、今後も日本のアートシーンをサポートしていくという。

「CADAN ROPPONGI presented by Audi」概要
開催場所 : 六本木ヒルズHills Café/ Space (六本木ヒルズ内:ヒルサイド2F)
住 所 : 東京都港区六本木6-10-1
開催日程 : 2021年10月22日(金)~11月3日(水・祝)
営業時間 : 11:00~21:00(最終入場20:30)

※イベント実施日は17:30~20:00 はクローズいたします。
※営業時間につきましては、社会情勢や感染状況により変更させていただく可能性が
ございます。その際は以下特設サイトにて改めてお知らせいたします。

URL: https://www.audi.jp/progress/art/cadan_roppongi/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事