全長100メートル超え!マセラティがグレカーレのプロトタイプ80台を用いて巨大なロゴを表現

Maserati

マセラティの新型SUV「グレカーレ」は当初、今年の11月16日にワールドプレミアが予定されていた。しかし同車の生産工程に必要な主要部品のサプライチェーンが中断する状況になったことを考慮し、その発表は2022年春に延期されることがアナウンスされている。

グレカーレのプロトタイプ

本来であれば新しいグレカーレが発表されていたであろうこのタイミングで、マセラティは新型車のエネルギーを表現するため、プロトタイプ80台を使用した、全長100メートルを超える巨大なトライデントを形成した。マセラティのトライデントマークは、革新、情熱、ユニークなスタイルの代名詞である。



現在、250 台以上の開発モデルが日本とアメリカ、アラブ首長国連邦と中国、フィンランドとイタリアに分散している。来年ミラノで開催される予定のイベントで、グレカーレが全世界に向けてベールを脱ぐのが今から楽しみだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事