オアフ島初のプライベート・レジデンス・クラブが発表される

不動産開発を行うIrongateは、ハワイ・オアフ島に位置する「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチ」の最上階のペントハウスをシェアする新しいシェアリングシステム「ダイヤモンドヘッド・クラブ」を発表した。期間を区切って所有することで、84組のオーナーが不動産全体の一部の価格でその完全所有権を有することができる本プログラムは、オアフ島初のプライベート・レジデンス・クラブである。



Irongateの創業者であるジェイソン・グロスフェルドは下記のように述べた。 「これまでのオーナー様やパートナーからのお声を受け、我々はシンプルな形のオーナーシップにたどり着きました。 ダイヤモンドヘッド・クラブは、オーナーの皆様の希望するライフスタイルを、彼らがハワイに滞在することができる時間に見合った価格でご提供することができます。」

ダイヤモンドヘッド・クラブは、世界で最も価値のある街への居住権を、賢く、手に届きやすい方法で提案する。2種類のプログラムから、大切な人とのバケーションにふさわしい時と過ごし方に合わせて選択可能。全てのプログラムを通じて、オーナー様はザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチの完全所有権を得ることができるのだ。


「ダイヤモンドヘッド・クラブ」は、ザ・リッツ・カールトンレジデンス ワイキキ・ビーチ内のダイヤモンドヘッドタワー37、38、39階にある。カラカウア通りとラグジュアリー・ロウから地上100mの高さに位置する6つのペントハウスには、それぞれにプライベート・カバナや、ダイヤモンドヘッドと太平洋の見事な景色を望む500㎡のラナイが付いてくる。

ダイヤモンドヘッド・クラブのオーナーは、究極の特権を得ることもできる。プール、ジャグジー、バーベキューグリル、庭園、芝生があり、ワイキキ・ビーチと太平洋を臨む270度の景色を一望できる、屋上ベランダにアクセスできるのは、たった6組のオーナーのみ。



ペントハウスのデザインを手がけた、Guerin Glass Architectsのスコット・グラスは下記のように述べている。
「ダイヤモンドヘッド・クラブのバルコニーは、市場に出ている他の不動産とは一線を画すものです。このダイヤモンドヘッドの景色は、オーナー様だけの特権です。ハワイの他のどこにも、たった6つのレジデンスにプールや、バーベキューグリル、庭園、芝生、500㎡のバルコニーがついているところはありません。これは、海、山、空の信じられないほど美しい景色を望むことができる、プライベートな裏庭です。」

ダイヤモンドヘッド・クラブの所有者は、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキ・ビーチの設備も使用可能。家族および大人用のプール、フィットネスセンターとムーブメント・スタジオ、シアターやレストラン、グローサリーマーケット、そしてもちろんザ・リッツ・カールトンの最上のサービスも提供される。

ペントハウス・オーナーシップの完全所有権は、70万ドルから。

購入・問い合わせ先
ウェブサイト:http://thediamondheadclub.jp  
電話番号(日本): 080-3027-5311
電話番号(ハワイ): 1-808-445-9083

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事