115周年を記念したロールスロイス ファントムのビスポークモデルがオークションに

Rolls Royce

ロールスロイスとRM サザビーズは、パートナーシップを組み、ラグジュアリーな体験を提供していくという発表をした。9万平方フィートを超える広さを有する、サザビーズ ニューヨーク本社でのディナーなどが開かれるとのこと。

さらには、ロールスロイスの115周年を祝し、ビスポークのロールスロイス・ファントムを今秋開催されるRM サザビーズのオークションに出展するとのこと。公開されているのは初期段階のスケッチのみだが、他のロールスロイスにも見ることのないような特別な仕様が施されるという。ロールスロイスによれば、ボディカラーは赤になるとのこと。これまでのビスポークモデル同様、ハンドクラフトのステッチなどは採用されると推測できる。完成は2020年を予定している

ノーマルなファントムの平均価格はおおよそ5000万円で、リムジン仕様になると7000万円ほどで取引される。しかし、この特別なビスポークモデルとなると1億円はすぐに超えると考えられる。どのようなディテールになるのであろうか、更なる情報を楽しみにしよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事