外にずっと放置されていたフェラーリの数々が見つかる!なにがあった?

silodrome

外に放置され忘れ去られていた9台のクラシックフェラーリが発見された。プライバシーの関係で場所は公表されていないが、元々コルベットを収集していた人物が所有していたコレクションであったということから、アメリカ合衆国のどこかであることは推測できる。

すべての写真を見る

こんな場所に放置されていた、車好きには堪らないであろうラインナップとはどのようなものだろうか。発見されたのは9台であるが所有していたフェラーリは11台との記録があり、テスタロッサ、308クアトロバルボーレ、400i、2台の328に、3台の348、3台のモンディアルという内容だ。



元オーナーはコルベット集めから、ヨーロッパ車集めをはじめフェラーリだけでなくポルシェやランボルギーニも手にしていたとのこと。

しかし、2011年ごろに病を患い、安全な倉庫を借りて車を置いていた。その後、病が悪化し倉庫の料金を払えなくなり車はすべて倉庫から外に出されてしまったのだ。





発見されたとはいえ、これから法的手続きが必要であるため、しばらくの間はこのままにしておくそう。9台すべて、あるディーラーが購入し次のオーナーを探すとのこと。しっかりとまた走れることができるようにメンテナンスされていく。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事