ブライトリングより日本限定デザインのダイバーズウォッチが登場

60年以上に渡り、人間と海をテーマとしているブライトリングのダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」から、日本限定モデル「スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパンリミテッド」が登場した。日本のみ、300本限定で販売される。

日本限定モデルでは、美しい海を彷彿とさせるブルーダイアルと黄色の秒針を採用している。文字盤はバーインデックスと、6時/9時/12時の位置にのみアラビア文字が配され、視認性の向上につながっている。外枠に歯を持つラチェット式の逆回転防止ベゼルを搭載し、500mの防水性を完備。サイズは42mmで展開される。ケースバックにはシリアルナンバーの刻印もされている。

また、“海を美しく保つ”ためのビーチクリーンアップイベントを千葉・館山(9月28日)と福岡・糸島(10月26日)で実施。イベント内では、浜辺の清掃活動を行い、海を美しくする活動のほか、新作ダイバーズウォッチも展示される。

「スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパンリミテッド」をはじめとするスーパーオーシャン・コレクション、ナイロン廃棄物でつくられたリサイクル素材のNATOストラップを採用した「スーパーオーシャン ヘリテージ」なども揃い、ブライトリングが生み出す海の世界に浸ることのできる場である。


スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパンリミテッド
価格:49万円+税 ※日本限定300本
主な仕様:自動巻き、キャリバー17、パワーリザーブ約38時間、直径42mm、防水性500m
ケース素材:ステンレススチール、COSC公認クロノメーター

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事