世界28本限定 四季の美しさを表現したジャケ・ドローの作品

ジャケ・ドローの新作マジック・ロータス・オートマトンには最高峰の装飾工芸技術によって生み出された動植物が生き生きと表現されている。

かつて類を見ない動きを展開し、生命の生まれ変わりが永遠に続く(生命の円環)を表現している。自社で設計から組立てまで行ったこの新作は、4分間という比類のない長い作動時間を特徴としており、その間、自然主義的なフレスコ画が禅の庭園の優雅で穏やかな美を演出する。4輪の花が4つの季節、または生命の局面を表している。

ゴールド製の花びらの花冠は季節の始まりである「春」を示す一方で、その左側の完全に開花した蓮の花は夏を表現している。風に運ばれて水に落ち水流に流された蓮の花が3番目の季節「秋」を示し、6時位置の蓮の花の種子のさやは「冬」をイメージ。

可動式ディスクは類稀な2つの動きを演じる。その1つ目として、長寿、勇気と忍耐のシンボルとして知られる「鯉」が水の中を泳いでいる姿が。時刻を示すインダイアルや蓮の葉の下を通過するごとに、蓮の中心部は新たなストーンを身に纏い、ブルーサファイア、イエローサファイア、そしてルビーへと代わる代わる変化し、毎回同じストーンが同じ場所に出現しない仕組みに設計されている。このように蓮の花の中心部の色は、川を巡るたびに、同じストーンが連続してでることなく、ひっそりと4回変化するようになっているのだ。



ムーブメントの彫刻されていないパーツは、すべてに手作業で装飾(ペルラージュ仕上げ、ヘアライン加工)および面取りが施され、4つの特許を申請中の新作オートマタは、ジャケ・ドロー史上最も繊細な文字盤を備えている。ムーブメントは500個以上の部品で構成されており、その開発には3年以上の歳月が費やされている。

これによってマジック・ロータス・オートマトン(MAGIC LOTUS AUTOMATON)は、4分(8回転×30秒)を超える動作を可能。この長いオートマタの動作の進行は、8時と9時位置の間に配置された、手作業で彫刻と彩色が施されたレッドゴールド製のトンボによってパワーリザーブが表示される。下って行く動きはアニメーションのパワーリザーブを示しており、これはリューズで最大まで巻き上げることができる。

オートマタのパワーリザーブが尽きると、トンボは蓮の葉の上に待避し、この落ち着きのある極めて豊かな禅の庭園から川へと舞い戻る準備を整える。これはジャケ・ドローの歴史の新たな1ページを象徴する生命の永続性を反映している。


マジック・ロータス・オートマトン オートマタ コレクション 世界限定28本
価格 :2465万6400円(税込予価)
納品時期 :2019年10月以降予定

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事