ジャケ・ドロー グラン・セコンド デュアル タイムの新作モデル 初日本国内入荷

2つの時間帯(現地時刻/基準時刻)と日付表示はすべてのトラベルウォッチに不可欠な要素である。ジャケ・ドローは、この必須の技術的要素とグラン・セコンド(GRANDE SECONDE)独自の美しさを融合させて、デュアル タイム(DUAL TIME)に息吹を吹き込み、世界を股にかける旅行者達を長年に渡り支えている。

およそ3世紀前、ピエール-ジャケ・ドローと息子アンリ・ルイ、そして協力者のジャン-フレデリック・レショーは、海や大陸を超えて彼らの驚異的な機械技術作品を披露していた。1758年以降、スイスからスペイン、フランスからイギリスを経て中国へと、ジャケ・ドロー一族は国際的な時計貿易のパイオニアとなっていた。

ジャケ・ドローが発表したこの新作モデルは、まったく新しい美を見出している。シリコン製のヒゲゼンマイとアンクルの先端を備えた既存の自動巻きキャリバーをベースに、ブランドの象徴として知られる≪8≫を描く、グラン・セコンド(GRANDE SECONDE)の文字盤の下部に配置したトラベルウォッチの複雑機構のデザインを見直している。その中央部は北極を中心に広がる大陸を示しているもの(正距方位図法)。この現代の世界地図に生命を宿すために、メゾンはパウダー仕上げを採用し、大陸に大地のキメを与えてリアリズムとボリュームを生み出した。モデルのデザインに応じて異なるブラックまたはアントラサイトのミラー仕上げのベースを背景に大陸が浮かび上がる。


さらにこの新作デュアル タイムの新たな一面として、24時間表示による基準時刻(ホームタイム)表示がそれぞれ12時間毎の2つに分割されており、これによって午前(白の部分)と午後(黒の部分)を区別できるようになっている。こうして基準時刻(ホームタイム)の読み取りは直感的かつ瞬時に行えるのだ。グラン・セコンドの文字盤の上部に配された現地時刻は1時間単位で時刻が切り替わるようになっているため、旅先で素早く時刻を調整することができる。サークルサテン仕上げのメタルリング上を回転する、先端の赤い針が指し示す日付表示は時刻調整と連動している。

ジャケ・ドローは新たな美に包まれたグラン・セコンド デュアル タイム(GRANDE SECONDE DUAL TIME)の4つのモデルを発表。ステンレススティールケースを備えた2つのバージョン(オニキスダイアルまたはオパーリンシルバーダイアル)は、旅先のあらゆるシーンで身につけることのできる、ミニマリズムを追求した現代的なデザインを描いている。もう2つのレッドゴールド製バージョン(アイボリーまたはブラックカラーの“高温焼成”エナメルダイアル)は、ジャケ・ドローの伝統的な遺産を結集して、280年以上前に始まりを告げた一族の物語(ものがたり)に新たな旅の1ページを刻んでいるといえよう。

■グラン・セコンド デュアルタイム シルバー
ムーブメント :AQUET DROZ 2663H24/自動巻きムーブメント
パワーリザーブ:65時間
ケース    :直径43mm/厚さ13.13mm/ステンレススティールケース
ストラップ  :手縫いのダークブルーアリゲーターストラップ
クラスプ   :ステンレススティールのフォールディングバックル
価格     :187万9200円(税込)

■「グラン・セコンド デュアルタイム デビュー フェア」
会期  :2019年9月21日(土)~10月6日(日)
会場  :ジャケ・ドロー ブティック銀座
住所  :東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエック センター
電話  :03-6254-7288
営業時間:11:00-20:00(月曜日~土曜日)/11:00~19:00(日・祝日)/不定休

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事