ベントレーの養蜂所から100瓶分のハチミツを収穫

Bentley motors

ベントレーがクルーにて育てている、12万匹のミツバチがはじめてのはちみつ瓶を作れるようにまでなったそうだ。この"フライング・ビ―"プロジェクトは2019年5月よりはじまっており、広大な草原に2つの巣箱が設置されている。今回、収穫されたはちみつは100瓶分にも至ったとのこと。

ベントレーのハチ専門家により、巣箱のなかでも特に実りの良い箇所が選ばれ、丁寧に瓶へと移し替えられた。瓶にもベントレーのこだわりが詰め込まれており、ラベルはベントレーのインテリアデザイナーによってデザインされたもの。

「わたしたちは今年前半に、この土地の環境に敬意を示すためにクルーでこのプロジェクトを開始しました。ハチはクルーに咲く野生の花から蜜を採取してきています。これはここが養蜂に向いているということの現れでもありますし、はじめて蜜を生み出すことにも大きく貢献しました。

ベントレー・ビ―はクルーという土地が素晴らしい場所であること、それに向けて団結力のあるオペレーションが必要となることを証明し、ラグジュアリーな車を生み出すことにも影響すると思うのです。

養蜂が成功したことも光栄ですし、来年に向けてより尽力していきます。どんなに小さなステップでもローカルの自然環境を助けることができます。それがまたベントレーの車作りへのアイデアになるのです」とベントレーのピーター・ボッシュはコメント。

 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事