BMW初のプレミアム・コンパクト 4ドア クーペが登場

BMW

BMWは、プレミアム・コンパクト・セグメントにおけるBMW初の4ドア・クーペとなる新型BMW 2シリーズ グラン クーペを発表した。

4ドアクーペは2012年にBMW 6シリーズ グランクーペが初めて発売された後、BMW 4シリーズ、BMW 8シリーズと各セグメントに拡大。その優雅なデザインとスポーティな走行性能に、4ドアならではの高い利便性の組合せによって、高い評価を獲得してきたモデルである。

今回の新型BMW 2シリーズ グラン クーペの導入により、全てのセグメントにおける4ドア・クーペのラインアップが完成することになる。多様化し個人の価値観がより尊重される現代社会において「スタイルに拘りながらも、都会にフィットするサイズであり、さらに利便性が高い4ドアで、かつ、洗練されている」ということをコンセプトとして設定している。

そのサイズは、全長4,526mm、全幅1,800 mm、全高1,420mmという機械式駐車場にも入るコンパクトなもの。クーペ・モデルらしい滑らかなルーフ・ラインを備えた、都会に映える全く新しいモデルだ。BMWを象徴するキドニー・グリルは、BMWクーペ・モデルの特徴であるワイドに伸びた幅広のデザインを採用。

縦に格子状に配置されているキドニー・バーには、シルバーに黒のアクセント・ラインが細長く刻まれた、BMW初のデザインが採用され、先進的かつ立体的な印象を与えている。リアには、BMW最新のデザイン・コンセプトを採用したL字型テール・ライトを装備している。サイド・ボディのプレス・ラインは、陰影を際立たせ、クーペならではの機敏かつ優雅なスタイルが際立たせられている。

室内空間には、6色に変更可能なライトが装備されたインテリア・トリムや、オプションで10.25インチのフル・デジタル・メーター・パネル、10.25インチのコントロール・ディスプレイをラインアップすることで、都会的かつ先進的な空間を演出。



また、4ドア化と前輪駆動の採用によって、余裕ある室内空間を実現し、ボディ・サイズの近いBMW 2シリーズ クーペ比で約33mm後席の足元部分が拡大すると共に、ラゲッジ・ルームも約40L拡大した最大430Lを確保し、高い利便性を確保しているのだ。

新型BMW 2シリーズ グラン クーペ発表を記念し、11月2日、3日、4日の3日間、BMW GROUP Tokyo Bayにて車両の特別先行展示も行われる。ぜひ一度、直接ご覧いただきたい。 


BMW 218iグラン クーペ369万円
BMW 218iグラン クーペPlay 410万円
BMW 218iグラン クーペM Sport 448万円
BMW M235i xDriveグラン クーペ 665万円
※消費税込  右ハンドル仕様

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事