レクサス初の市販EV 「UX300e」世界初公開│EVとしての心地良さを追求

Lexus

人々と車の快適なライフスタイルを初の電気自動車(EV)市販モデル「UX300e」を、中国・広州で11月22日(金)~12月1日(日)に開催される広州モーターショーで世界初公開した。

初のEV市販モデルとなるUX300eは、EVの潜在能力を活かして車の根源的な価値を磨き上げることを目標として開発が進められた。具体的には、コンパクトクロスオーバーUXが持ち味とする個性的なデザインや、高い利便性、取り回しやすさはそのままに、レクサスが生み出すEVならではの"上質ですっきりと奥深い走り"と優れた静粛性を追求した。



ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速フィールと、高出力モーターによる優れた加速性能を両立したほか、大容量バッテリーの床下配置により、低重心化と航続距離400kmを実現。さらに最新のコネクティッド技術を採用するなど、EVとしての価値を最大化しながら、運動性能や日常の使い勝手との“二律双生”を目指した。

また、ドライブモードセレクトによって、ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングを味わうことも可能。パドルシフトにより減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができるなど、EVの特性を最大限活かしながら自然な操作性も実現している。

モーターやバッテリーを車体下部に配置することで実現した重心高の低さ、前後重量配分や慣性モーメントの最適化などにより、優れた車両の運動性能も持ち合わせている。GA-Cプラットフォームの高い基本性能をさらに磨き上げるべく、ブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化など、EV化による運動特性の変化に合わせ、細部に至るまでチューニングが施されている。



EVならではの優れた静粛性をさらに高めるべく、床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、エンジンやトランスミッションの音がないゆえに聞こえる風切り音や小石・砂などの巻き上げ音にも配慮。室内空間の心地良い静けさも魅力のひとつだ。

ドライバーの自然な運転感覚を大切にし、走行中のサウンドにもこだわった。アクティブサウンドコントロール(ASC)を採用することで、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境も感じることができる。

なお、UX300eは2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は、2021年前半を予定。


UX300e モーター主要諸元

型式 4KM
最高出力(kW[ps]) 150[204]
最大トルク(Nm[Kgf・m]) 300[30.6]

UX300e バッテリー主要諸元
種類 リチウムイオンバッテリー
容量 54.3kWh
航続距離 400km
充電電力 普通充電(AC)最大6.6kW    急速充電(DC)最大50kW

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事