Red Bull Ice Cross World Championshipが再び横浜にやってくる!

©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

昨年、アジアで初めて横浜・みなとみらいで開催されたRed Bull Crashed Ice 。これはアイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス・ダウンヒル」である。2001年にRed Bull Crashed Iceとしてスタートし、2010 年からは世界選手権となり、20年目の節目となる今シーズンよりATSX連盟が主催する世界選手権として、その名称を「Red Bull Ice Cross World Championship」(レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ)に変えて新たにスタートする。

2020年2月に横浜で開催される大会の名称は、「TSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020」。クラスは大会コースの難易度と獲得できるポイントによってATSX 250、ATSX 500、ATSX 1000の3クラスに分けられており、今大会は、アイスクロス・ダウンヒル世界選手権(Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX 1000クラスという位置付けである。

ⓒMihai Stetcu/Red Bull Content Pool

ヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などをかわしながら、氷の特設コースを滑り降りる選手たちの様子は非常にエキサイティングだ。最高時速は約80kmにも達するといい、カテゴリーは男子、女子、ジュニアの3カテゴリー。観客がコース脇のフェンスをバンバンと叩きながら選手を応援するのも、賑やかで盛り上がる要因のひとつになっている。2月という真冬の開催だが、ヒートアップした熱い夜になることは間違いない。
ⓒAndreas Langreiter / Red Bull Content Pool

<開催概要>
名称:ATSX 1000 / Red Bull Ice Cross World Championship Yokohama 2020 ATSX 1000 / レッドブル・アイスクロス・ワールドチャンピオンシップ横浜2020
会場:臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)
日時:2020年2月15日(土)OPEN 15:00 START 18:00
※雨天決行・荒天中止
※予告なく変更になる場合があります
内容:アイスクロス・ダウンヒル世界選手権(Red Bull Ice Cross World Championship)のATSX 1000クラスの大会。
URL: www.redbull.com/ice-cross

RECOMMENDEDおすすめの記事