26回目のマセラティ ディ、今年は大阪・舞洲にて開催

Maserati Club of Japan

今年で26回目を迎えるマセラティ・クラブ・オブ・ジャパンの年間最大のイベント、マセラティ ディが大阪市の舞洲にて開催された。今回はマセラティジャパンが開催するカスタマーイベント、マセラティEXPOとの同時開催となり、新旧多くの多くのマセラティが舞洲に集合。例年同様、日本全国より多くのマセラティスタ100名近くが集まり、大きな賑わいを見せた。



11月9日(土)には舞洲の「太陽の広場」に参加車両が集まり、製造年代順にディスプレイ。今回はクラシック・レーシングマシンであるA6GCSや希少なスーパースポーツのMC12をはじめとしてバリエーションに富んだ展示となっていた。参加台数が一番多かったのは、すでにネオ・クラシックとして人気も上昇している3200GT。ビトゥルボ系からフェラーリエンジン・ジェネレーション、そして最新モデルまでが並ぶ様には圧倒される。








ガラ・ディナーはロッジ舞洲のバンケットルームにて、マセラティ本社から届いたウェスター・チーフエクゼクティブチェアーマンのメッセージと共にスタート。マセラティ・アジアンパシフィックのルカ・デルフィーノ、マセラティジャパンCEOグイド・ジョバネッリら、そしてイタリアからのゲストも参加し、和やかな雰囲気でディナーは進行した。



2日目は再び「太陽の広場」へと戻り、愛車を前にオーナー・インタビュー、そしてスチル・ビデオ撮影が行われた。続いて、マセラティディ・コンクールデレガンスの賞典授与セレモニーが、マセラティEXPOの会場内放送での実況とともに進められていく。グランプリにはインディ、マセラティジャパン賞には初代ギブリSS。遠来賞としてクアトロポルテⅣエボルツィオーネ、グランカブリオなどが授賞。最後はパレードランで締めくくり、イベントは幕を閉じた。



公認オーナーズクラブであるマセラティ・クラブ・オブ・ジャパンは現在会員募集中とのこと。興味のある人は一度問い合わせてみてはいかがだろう。

http://www.maseraticlub.jp/blog/

Octane Japan編集部、Shinichi EKKO

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事