ヴァン クリーフ&アーペル イタリアでハイジュエリー エキシビション開催

2019年11月30日から2020年2月23日まで、ハイジュエリーメゾン、ヴァン クリーフ&アーペルの世界を披露するイタリアでは初となる展覧会「ヴァン クリーフ&アーペル:時、自然、愛」が、ミラノのレアーレ宮殿で開催される。1906年の創業から現在に至るまで、このメゾンで創造されてきた400以上のジュエリー作品、時計、芸術工芸品が一堂に会する。

当展覧会には、アーカイブ資料、スケッチ、グワッシュ画など、制作の諸工程を物語る資料とともに、メゾンが保存するコレクションやプライベートコレクションから厳選した貴重な作品の数々が会場に並ぶという。

ミラノ市文化局とレアーレ宮殿が主催し、ヴァン クリーフ&アーペルとコローニ財団との協力により実現したもので、ミラノ工科大学のジュエリーデザイン教授でヴィチェンツァ ジュエリー博物館館長のアルバ・カペリエーリがキュレーションを務める。会場デザインはアメリカ人デザイナー、ジョアンナ・グラウンダーによるものだ。

時、自然、愛という3つのセクションを軸に展開する本展を、レアーレ宮殿「王子の居間」「タペストリーの間」を用いて大胆に解釈し、現代的な空間に仕上げた。永遠と儚さ、伝統とファッション。この相反する二項の間で絶妙にバランスを取りながら、芸術としてのジュエリーは時間との複雑な関係を保ち続けている。

20世紀という断片化された時代を余すことなく表現する中で、ヴァン クリーフ&アーペルの偉業を紹介し、時を超越する美の価値と、人を一瞬で魅了する魔法のような作品の力を提示する。

イタリアを代表する現代作家イタロ・カルヴィーノの論評『新たな千年紀のための六つのメモ』に着想を得たアルバ・カペリエーリは、メゾンの作品と時間との関係について、独自の解釈を基にコンセプトを打ち出した。最初の「時」のセクションは10部屋で構成され、そのすべてが時代の象徴的な側面にフォーカスする。

「パリ」の部屋を皮切りに「エキゾチシズム」、そしてカルヴィーノから引用した5つの価値「軽さ」、「速さ」、「視覚性」、「正確さ」、「多様性」へと続いていく。さらに「ダンス」「ファッション」「建築」など、他の芸術との交差を順に探る冒険だ。



次に本展の中心となる「愛」のセクションでは、愛のシンボルや贈り物など、愛という感情の力を具現化した作品群を展示。ここには20世紀を代表する伝説的なロマンスに捧げられた著名な作品も含まれる。最後の3部屋は「自然」をテーマに、「植物」「花」「動物」を表現した作品を展示する。

卓越したクラフツマンシップにより調和を追求し、ひとつの芸術形態にまとめるヴァン クリーフ&アーペルの魔法のような世界へと、訪れる人をいざなう。

タイトル                   Van Cleef & Arpels:Time, Nature, Love (ヴァン クリーフ&アーペル:時、自然、愛)
キュレーター             アルバ・カペリエーリ
開催                         ミラノ市およびレアーレ宮殿
企画                         ヴァン クリーフ&アーペル
協力                       コローニ財団
図録出版                   Skira Editore社
住所                         Milano, Palazzo Reale, Piazza Duomo 12
開催日程                   2019年11月30日~2020年2月23日
開館時間                   月曜日:午後2時30分~午後7時30分
                               火曜日、水曜日、金曜日、日曜日:午前9時30分~午後7時30分
                               木曜日、土曜日:午前9時30分~午後10時30分
                               最終入館は閉館の1時間前まで

祝祭日                    12月7日(土) -   午前9時30分~午後10時30分
                               12月8日(日) -   午前9時30分~午後7時30分
                               12月24日(火) - 午前9時30分~午後2時30分
                               12月25日(水) - 午後2時30分~午後6時30分
                               12月26日(木) - 午前9時30分~午後10時30分
                               12月31日(火) - 午前9時30分~午後2時30分
                               1月1日(水) -     午後2時30分~午後7時30分
                               1月6日(月) -     午前9時30分~午後7時30分
                               最終入館は閉館の1時間前まで

入場無料

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事