伝統あるデュシタニ バンコクを彷彿とさせる新たなデザインへと刷新

タイ屈指のホテル・不動産開発会社であるデュシット インターナショナルが管理・運営するオールスイートホテル、デュシットスイートホテル ラチャダムリ バンコクは、このたび大規模改修を完了した。約50年にわたる営業を経て、現在再開発中のデュシット旗艦ホテル「デュシタニ バンコク」の永遠なる魅力からインスパイアされたエレガントな外観に刷新された。 

2019年5月にソフトオープンし、同年12月17日にグランドオープンを果たしたホテルは、広々としたワンベッドルームとツインルームからなる97室を有し、ラチャダムリBTS駅からわずか100メートルの閑静な緑の多い通りに面している。ラグジュアリーモール、スタイリッシュなレストラン、洗練されたナイトライフが楽しめるスポットも徒歩圏内にある。
 
当ホテルは、デュシットの画期的な複合施設開発の一部として改装中のデュシタニ バンコク特有の伝統あるおもてなしを受け継ぎ、デュシタニ バンコクファンに新たにご愛顧いただけるホテルをご提供したいという願いのもと2019年9月より改装を開始した。
 
広々としたスイートやロビーには、フラッグシップホテルから受け継いだ歴史的価値が高く、心にひびく数多くの装飾品や芸術作品を配している。デュシタニ バンコクの優雅で柔らかな色調を反映したトーンで内装が施され、ホテル全体に洗練と類まれな優雅さを演出し、魅力的で贅沢な空間となった。自家製ペストリー、ケーキ、サンドイッチにとどまらず、心のこもったヘルシーメニューもご提供している当ホテルのシグニチャーダイニング『デュシット グルメ』も現代風に改装し、さらに明るく心地良くなり、ホテルの宿泊客や住民だけでなく近隣のオフィスや大使館に勤務する人々に便利で魅力的な憩いの場を提供している。


 
宿泊ゲストは、フリースタイルのプール(子供用プール、ジャグジー、サウナ、多数の設備を備えたジムが併設)を見渡すデッキにて注文すれば、屋外のエレガントな装飾が特徴のガゼボ(西洋風あずまや)にてプライベートダイニングを堪能できる。このリラックスした環境での食事は、タイ料理、またはインターナショナル料理の5品コースを選択可能で、ふたりだけのロマンティックディナーや4名様までの会食に最適だ。

「デュシタニ バンコクが改装中の現在、リニューアルオープンを心待ちにしているデュシタニ バンコクファンの新たな拠点になることを喜ばしく思います。当ホテルの美しいデザインとサービスは、デュシタニ バンコクでご提供してきたタイらしい優雅なおもてなしと、ビジネスとレジャーが最も活気づく街の中心地に位置する絶好のロケーションにより、新たなファンを多く獲得できると確信しております。そしてご宿泊されるお客様には忘れることのできない素晴らしいご滞在とお食事体験をご提供できることを楽しみにしております」と、デュシット インターナショナル オペレーション&プレオープニングサービス部門 副社長兼デュシット スイートホテル ラチャダムリ バンコク総支配人 ティティヤ・ルゥトはコメント。

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事