ジャケ・ドロー 新しい干支の幕開けを祝福した4つの限定モデル出荷を開始

メゾンのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D’ART)は、プティ・ウール ミニット(PETITE HEURE MINUTE)の4つのモデルを披露。十二支の幕を開ける「子(ねずみ)年(どし)」にスポットライトを当てる。十二支の最初を飾る鼠は、新しい時代を想起させる動物であると同時に、情熱と野心の象徴でもある。2020年の主役となるこの動物を記念して、ジャケ・ドローは、特別に4つの限定モデルを開発した。

中国の言い伝えによると、鼠は天上の玉皇大帝によって開催された競争で優勝を果たした。鼠は持ち前のすばしっこさを生かして、より強力な牛や虎、また軽快さに欠ける羊や鳥に差をつけた。そして、牛の背中に乗って川を渡り、競争に勝利して十二支のトップの座を手に入れたといわれている。鼠はゴールの土手の手前で牛の背中から飛び降りて勝利を奪い取ったのだ。

それ以来、鼠は賢さや巧妙さ、野心の象徴とされてきた。同時に豊かさと結び付けられることもあり、鼠を見かけると、豊作に恵まれ、繁栄をもたらすといわれている。ジャケ・ドローは各モデルのなかで、ザクロの実を鼠と組み合わせた。古来よりザクロはその無数の種から生命と多産の象徴とされており、豊満と永遠の再生というのもまた、力強さと生命を象徴するザクロの特徴を示している。



今回、4つの限定モデルが鼠とザクロの融合を彩り、メゾンが大切にする自然主義の舞台に息吹を吹き込むジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D’ART)を際立たせている。最初の2つのモデル(プティ・ウール ミニット 35 MM / 39MM)では、“高温焼成”エナメルダイアルに、ザクロの実を散りばめた葉のベッドに立つ2匹の鼠が描かれた。両モデルはレッドゴールドケースで製造されており、35mmのモデルにはケース全面にダイヤモンドがセットとなっている(ケースとラグ)。どちらも、この各世界限定28本シリーズのために特別に設計されたローターがケースバックから姿を覗かせ、さらにレッドゴールド上に刻まれた2匹の鼠が、かごに入ったザクロの実を味わい、繁栄、豊かさ、賢さを表現している。



41mmバージョンのプティ・ウール ミニット(PETITE HEURE MINUTE)もまた、同じ動物をテーマにした2つのモデルを展開。漆黒のブラック オニキスダイアルを備えたこのモデルには、ザクロの実を抱える鼠が描かれている。この2種の高級時計は、一方がレッドゴールドケース、もう一方がホワイトゴールドケースで、製造されている(ケース、鼠、針、ローターのエングレービング)。さらにホワイトゴールド製モデルには、272個のダイヤモンドをケースにセットし、インナーベゼルとラグに鮮やかな輝きをもたらして、オニキスが纏う漆黒のブラックとコントラストを形成した。

各バージョンのジュエリーウォッチでは、ザクロの実をルビーで表現しています。9時位置にたくさんのルビーで種をスノーセッティングし表現、鼠が抱える実の粒には、より大きなサイズのルビーがあしらわれている。この貴重な素材(ダイヤモンド、ゴールド、ルビー)の融合が、情熱、野心、創意に満ちた繁栄といった、鼠が本来持つ特性を際立たせるものに。これらの2つのモデルは、ジャケ・ドローの芸術的なクリエーション(numerus clausus)の伝統に基づき、各世界限定8本のみ製造される。


プティ・ウール ミニット レリーフ ラット アトリエ・オブ・アート  コレクション 952万6000円
プティ・ウール ミニット レリーフ ラット アトリエ・オブ・アート  コレクション 829万4000円
プティ・ウール ミニット ラット アトリエ・オブ・アート  コレクション(世界限定28本) 443万3000円
プティ・ウール ミニット ラット アトリエ・オブ・アート  コレクション(世界限定28本) 316万9000円
※価格は税込

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事