1台分のインテリアが出来るまでに関わる人数は?ベントレーが誇る職人技の凝縮!

Bentley motors

ベントレーの新型フライングスパーは、世界に誇れる上質で洗練されたインテリアを持つ。クルー工場で働く職人たちの熟練された技術ですべて手作業で仕上げられており、他にはないクオリティを実現させるのだ。

新たなフラッグシップモデルとなる、生まれ変わったフライングスパーのインテリアに使用されている糸は、すべて合わせると3kmになり、レザーは350ピースが組み合わさりひとつの空間を創り上げる。そして、1台のインテリアが完成するまでに携わっている職人は141人にも及ぶ。ベントレーの製造ラインにメンバーとして加わるためには最低5ヵ月のトレーニングが要される。そこで、ブランドのスタンダードクオリティの高さや、技術を学ぶのだ。



新型フライングスパーにおいては、レザーは14色、糸は23色から選ぶことができる。特に、ステアリングのステッチは美しく、好きな色にすることでより運転を楽しく感じられるであろう。ステアリングだけでも、5mの糸が使用され、繊細なステッチを施すだけで3時間以上の時間をかけて完成される。ミシンは5種類を使い分け、エアバッグなどには安全性を考慮し細い糸が採用されているのである。シートのヘッドレストにあしらわれているベントレーウィングも、もちろん手作業だからこそ出来る美しさだ。



いざ、ドライバーとなると自分を取り囲むインテリアは目に入ってこないものだが、ベントレーが創り出すこの美しさを無視することはできないだろう。上質な空間に触れることができる、ちょっとした信号待ちも楽しみになるかもしれない。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事