ブライトリングより日本だけの特別なナビタイマー2型が登場

1952年の誕生以来、パイロットと航空ファンに支持され続けてきたブライトリング・ナビタイマーは、独自の機能性とデザインが高次に融合している。ゴールドハンズと同色のバーインデックスを採用したダイヤルと、アンスラサイトとブラックのダイヤルに、それぞれゴールドのウィングロゴを配した2型が日本だけの特別モデルとして登場した。

ナビタイマーは世界初の航空計算尺付きクロノグラフであり、パイロット協会AOPAの公式時計に認定された永遠の名作。その60年以上にわたる歴史を通じて、20世紀を象徴する、最高に機能的で時代を超越した数少ないアイテムのひとつとなるに至った。一目でブライトリングだとわかる時代を超えたデザインのクロノグラフ。発表された第一号から今日のモデルまで、その極めてスタイリッシュなアピアランスに変わりはない。ブライトリングでは、この歴史的モデルのスタイリングは継承し、パフォーマンスのみを進化させてきた。まさに永遠の名作である。

ナビタイマー B01 クロノグラフ 43 ジャパンエディションには2つのカラーが登場。ひとつは、クロノグラフ秒針以外のハンズ(針)とバーインデックスにゴールドカラーを採用したモデル。もうひとつは、アンスラサイトのダイヤルにブラックのインダイヤルを組み合わせたモデルで、どちらも長らく親しまれたウイングロゴを配した日本限定。

12時間積算計の外周には、特別なモデルを表すSPECIAL EDITIONの文字が刻まれている。洗練されたデザインに加え、航空用回転計算尺、精度と信頼性における最高の認定基準であるCOSC公認クロノメーター、キャリバー01を搭載している。サファイアクリスタルケースバックからその美しいムーブメントを覗き込むことができる。



税別価格 104万円 / 発売中

https://www.breitling.co.jp/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事