フェラーリがファクトリー再開の日程をアナウンス│在宅勤務については引き続き推奨

ferrari

フェラーリが閉鎖中のマラネロファクトリーとモデナファクトリーを4月14日に再開すると発表した。

フェラーリはランボルギーニに続き、2番目に閉鎖を決めたメーカーだった。当初は3月27日までを閉鎖期間とする予定であったが、イタリア政府が一部の製造業停止を要求したこともあり、再開の日程は先延ばしされた。この空白期間での生産不足には、これから解決策を考え進めていくとのこと。

また、現在家から仕事をしているフェラーリのスタッフについては、継続して在宅での勤務を推奨していく。ファクトリーで製造に関わっているスタッフは、家でエンジンテストやサーキットテストができるわけでもないため、ファクトリーへの出勤が必須となるのだ。

今後の状況により、変更される可能性はあるが、ブランド価値や、クオリティを守りながら世界中へフェラーリを届けていく予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事