ランボルギーニがマスクと保護シールドの生産を開始│ボローニャの病院へ寄付

Lamborghini

ランボルギーニが、サンタ―ガタ・ボロネーゼ工場の一部を、医療用マスクとプレキシガラス製保護シールドの生産現場に変換した。すでに生産をスタートしている。

1日1000枚のマスクと、200枚のシールドを作るという。マスクは、ランボルギーニのインテリアや細かなカスタムを製作する部門にて行われ、シールドは研究開発部門にて3Dプリンターを用いて作成される。これらは、現在コロナウィルスによるパンデミックと闘っている、ボローニャのサントルソラ=マルピーギ総合病院へ寄付されるとのことだ。





アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリは、「このような緊急事態においてわたしたちは協力を強めなければいけません。サントルソラ=マルピーギ総合病院とは長い間、ランボルギーニで働くスタッフの健康維持や促進プログラムにおいて専門的なアドバイスを受けてきました。このパンデミックの中でも人のため働いている人もいる。みんなで力を合わせて打ち勝ちましょう」とコメントした。

また、コロナウィルスの緊急事態と日々向き合うイタリアへサポートの心を込めて、サンタ―ガタ・ボロネーゼの本社ビルにイタリア国旗のトリコロールカラーを毎日午後ライトアップすることも行っている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事