世界限定765台!│エクスクルーシブなマクラーレンの仕様と価格が決定

McLaren automotive

ダイナミックな性能、トライブとマシンの一体感、そして軽量化を実現した、エクスクルーシブな最新のマクラーレン「ロングテール」。

その、際立った特別感を記せば、こと欠かない。限定生産、そしてエクスクルーシブ仕様を標準装備したマクラーレン 765LTの全容が明らかになってきた。

世界での納車台数がわずか765台と、すでに3月初旬に発表されていたマクラーレン 765LTのオーダーは、日本おいても相当数なオーダー希望が届いている模様。765LTは、マクラーレン ロングテール・ストーリーの新たな章を開くマシン。2015年に「ロングテール」の名前を復活させ、多くのあこがれとなったマクラーレン 675LT、ならびにマクラーレン 600LTの後継となるこのモデルは、ドライバーとマシンの一体感、さらなる高性能、車体の軽さおよびサーキット志向のダイナミクスといった、1990年代後半に登場した、伝説のマクラーレンF1「ロングテール」レースカーをルーツとする、LTの特徴を具現化したもの。



最高出力45ps、最大トルク30Nmのパワー増大とDIN車輛重量の80kg削減により、パワー・ウェイト・レシオがマクラーレン 720Sに比べて大幅に向上しており、さらにサーキット対応のサスペンションと15%速くなったインギア加速が組み合わされ、765LTはこれまでで最も先進的で、満足度の高いロングテールとなりそうだ。

ロングテールの人気装備である、ルーフ付きカーボンファイバー製のフロントフェンダー、4本のパイプで構成された、オールチタニウムのスポーツ・エグゾースト・システムは、追加コストなしで指定可能。その他、ビスポークの10スポーク・ウルトラライトウェイト鍛造アロイホイールは、プラチナ仕上げになっており、チタニウム製ホイール・ボルトで固定されている。また低いロードクリアランスにも関わらず、リフター搭載により、快適に走行ができる。



車内は、アルカンターラのLT用インテリア・トリム、カーボン・ファイバー製のレーシング・シート、カーボン・ファイバー・エクステリア・アップグレード・パック1&2、カーボン・ファイバー・プライマリー・インテリア・コンポーネント・パックおよびMSO Definedカーボン・ファイバー・エクステンデッド・シフト・パドルなども標準装備されている。

またリア・ビューカメラとパーキング・センサーも搭載、カーボン・ファイバーむき出しのフロアは、マクラーレンロゴが入ったマットでトリムされている。サウンド面は、マクラーレンロゴが入りの4スピーカー・システム、またはBowers&Wilkinsのロゴ入り12スピーカーシステムのいずれかが選択できる。

標準装備が充実した新しいマクラーレン 765LTの日本での価格は、4450万円から。

オフィシャルサイト
http://jp.cars.mclaren.com/

オフィシャルユーティリティチューブ
https://www.youtube.com/mclarenautomotivetv

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事