現代アートをおうちで!森美術館が贈る「Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME」

Mori Art Museum

パンデミックによって、世界中の美術館が臨時休館を余儀なくされている今、美術館のあり方や芸術との接し方が再考されている。

美術品は現物を眼で直接見て感じるのが最善だという考えもあるが、オンラインコンテンツで何が表現できるのか?を追求するとによって、これまでにない表現手法を見出すことができるチャンスだといえるかもしれない。

Mori Art Museum Digitalでは、緊急事態宣言により不要不急の外出を控える中でも現代アートを楽しんもらえるよう、「おうちで楽しむ・遊ぶ・学ぶ期間限定のオンラインプログラム『Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME』」を公開した。

コロナウイルスの感染拡大防止のために臨時休館となり、会期途中で終了となった「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」の3Dウォークスルー特別公開や、開幕が延期となっている「MAMスクリーン013:ムニーラ・アル・ソルフ」から上映作品2作を先行公開。さらにSNSでは世界各地のアーティストから送られてきた料理のレシピ、写真、ストーリーなど集めた「アーティスト・クックブック by MAM」を順次紹介するなど、さまざまなコンテンツが展開されている。

自由な行動が制限される中でいかにクリエイティブを楽しむか、今こそその想像力が試され鍛えられる機会とポジティブに捉えたい。積極的にアートを学び楽しむのも、今年のゴールデンウィークの素敵な過ごし方のひとつといえるだろう。


【Mori Art Museum Digital】
期間限定オンライン・プログラム 「Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME」ラインアップ
①イントロダクション:館長メッセージ
②プログラム#1:「MAMスクリーン 013:ムニーラ・アル・ソルフ」先行公開
③プログラム#2: 「未来と芸術展」3Dウォークスルー特別公開
④スペシャル#1:アーティスト・クックブック by MAM
⑤ラーニングONLINE:おうちで楽しむ、遊ぶ、学ぶアート

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事