「カメラカー」になった由緒正しいフォードGT40 ?!│『栄光のル・マン』の影の立役者

Pictures:autosportsltd

映画"Le Mans"(邦題:栄光のル・マン)が封切られたのは、1971年のことだ。主演のスティーヴ・マックイーンが企画・主演したこの作品は、モータースポーツを題材にした優れた映画作品として、現在でもファンは多い。この作品にリアリティーをもたらした陰の立役者が"1074"であった。

ここに紹介するフォードGT40、シャシーナンバーGT40P/1074には、3つの特異な話題がある。第一に、ガルフ・オイルのコーポレートカラーであるオレンジとブルーのカラーリングを初めて使用したこと。第二に、伝説的なチームオーナー/レーシングドライバー/チームマネージャーのジョン・ウィアが走らせていた3台(1074、1075、1076)のGT40のうちの1台だったこと。第三は、映画"Le Man"で高速走行シーンを担当するカメラカーになったことだ。
 
この3台のうちで最も活躍したのは"1076"で、ル・マン24時間で2連勝を果たしている。1968年にルシアン・ビアンキとペドロ・ロドリゲスのドライブで優勝し、翌1969年はジャッキー・イクスとジャッキー・オリバー組がステアリングホイールを握った。イクスは最終ラップに至るハンス・ヘルマンのポルシェ908と息を呑む攻防の末、彼にとって初となるル・マン総合優勝を勝ち取った。イクスはその後ル・マンで6勝を上げることになる。
 
話を“1074”に戻そう。このマシーンは1967年に製造され、その年に初レースを経験している。スペックは第一世代と呼ばれる標準的なGT40のそれであった。エンジンは289cu-in(4.7リッター)のフォード・フェアレーン用スモールブロックV8で、ダン・ガーニーのイーグル製シリンダーヘッドとウェバー481DA型キャブレターを備え、6800rpmから440bhpを発揮している。これに組み合わされるトランスアクスルはZF製の5DS-25/1型5段だ。外観もスタンダードスペックだが、高速でのフロントリフトを防ぐため、小さなフィンを備えていることが特徴だ。


 
"1074"のレースキャリアはそう顕著なものではなかった。だが、それまでクラス優勝の常連であったポルシェが総合優勝争いに台頭してきたなかで、決して設計年時が新しいわけではないGT40は大いに奮闘したといえよう。"1074"初戦は、1967年スポーツカーチャンピオン・シップ第4戦のスパ1000kmであった。"The Flying Dentist(空飛ぶ歯科医)"ことディック・トンプソンと、速さには定評のあるジャッキー・イクス組がドライブした。
 
このレースには、エントラントのジョン・ウィア・オートモビルが競争力の向上を目的としてモディファイした"ミラージュM1フォード"として参戦し、見事、優勝を果たした。
 
これ以降、"1074"は、デイヴィド・ホッブス、マイク・へイルウッド、ポール・ホーキンス、そしてブライアン・レッドマンなど、常にトップクラスのドライバーによってレースを戦った。1074/1075/1076の3姉妹として、"1074"は"ミラージュ・フォード" の重要なメンバーであった。前述したように、ウィアは旧態化しはじめたオリジナルGT40をベースに、空力の改善と機構面のアップデイトを図った。特筆すべきは、カーボンファイバー(C-FRP)を使った超軽量ボディパネルを採用したことだ。今日ではC-FRPはモータースポーツで多用され、市販車にも使われるようになっているが、当時は先進的な素材技術であった。
 
"1074"のシャシーナンバーで出場した1968年は、第1戦となったデイトナ24時間では燃料漏れで、第2戦のセブリング12時間では、トップ(227周)から70周遅れで完走扱いとはならなかった。第3戦のBOAC1000km/hは欠場("1075"が優勝)。第4戦のモンザ1000kmではホーキンスとホッブス組が乗って総合優勝を果たした。第5戦のタルガ・フローリオは欠場し、第6戦のニュルブルクリンク1000kmではホッブスとレッドマンが組んで6位に入り、ル・マンではリタイアに終わった。1969年も何度か欧州のレースに出場しているが、もはやGT40には勝ち目はなく、多くのシャシーが引退していった。

Words:Matt Stone Photography:Pawel Litwinski Archive Pictures:autosportsltd.com (取材協力:RM Auctions, www.rmauctions.com,Harley E Cluxton III of GTC Grand Touring Cars Inc, www.gtc-mirage.com.)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事