レインボーのポップなベントレーに込められた想い│それぞれのカラーネームは?

Bentley motors

ベントレーが行っていた、バカラルの塗り絵コンペティション。世界中からたくさんの個性溢れる作品が集まったそうだ。審査はエクステリア部門と、インテリア部門に分けられ、クステリア部門のベストがベントレーのデザイナーチームによってひとつのデザインとなった姿で公開された。レインボーに彩られたユニークなデザインである。世界を元気づける喜びや希望を表現している。それぞれのカラーをご紹介。

ドラゴンレッドⅡ

人目を引くメタリックレッド。スピード感と存在感を感じさせる。第一弾は、2012年に登場した初代コンチネンタルGT V8に採用された。第二弾は、光加減に関係なく深みを持つリッチなカラーで、ベンテイガ V8の発売カラーとして使用された。



オレンジフレイム

鮮やかな色彩を持つパレットカラーに匹敵する、大胆で豊かな表現力を持つカラー。雲母顔料と粉末アルミニウムを混合→単層で塗装→クリアコートを重ねる→「ミラーフィニッシュ」ポリッシュを施す、という段階で完成される。ベンテイガ・スピードの発売時にも使用されたカラーである。



イエロー フレイム

限定モデルであるマリナ―・バカラルのために製作されたユニークなカラー。また、籾殻の灰を再利用した顔料を使用した塗料が使われている。バカラルの美しさを一層美しくする。



アップル グリーン

フレッシュでモダンな色合いのアップル グリーンは、ベントレーの特注色で、自信に満ちていることを表現する印象的なポップなカラー。



ジェットストリームII

明るい光の下ではクールなシルバーに見え、涼しい日陰の下ではソフトでエレガントなブルーメタリックカラー。スポーティでもありラグジュアリーでもある。エクステリアのクロムブライトウェアをブラックにしたブラックライン仕様との相性も抜群である。



シークイン ブルー

ベントレーのカラーの中でもっとも象徴的な色のひとつ。もともとカスタマーがお気に入りだったボールガウンのスパンコールの色に合わせて作られたビスポークカラーだ。2017年の3代目コンチネンタルGTで採用され、現在は人気カラーのトップ10に入っている。



アズール パープル

アズール パープルは、ブルーを基調としたダークでリッチなカラー。ボディカラーをアフリカンバイオレット(セントポーリア)の花の色と同じにして欲しいというカスタマーからの依頼から生まれた色である。現在、ベンテイガとコンチネンタルGTで採用されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事