A.ランゲ&ゾーネの1815クロノグラフに、精悍なモノトーンが登場

170616_chrono_1815 (5).jpg

ドイツの最高級腕時計ブランド「A.ランゲ&ゾーネ」の1815クロノグラフに、黒と白のカラーコンビネーションが美しい新色が加わった。

170616_chrono_1815 (7).jpg

A.ランゲ&ゾーネ(A. Lange&Söhne)は、1845年にドイツで創業したマニュファクチャクチュール。創業者のフェルディナンド・アドルフ・ランゲは、ザクセン高級時計産業の礎を築いた人物として知られている。

170616_chrono_1815 (8).jpg

同ブランドの「1815」シリーズは、創業者アドルフ・ランゲ生誕の年にちなんだ名前が与えられたタイムピースだ。ブルースチール針やアラビア数字、線路をイメージしたレイルウェイモチーフの分目盛りなど、ランゲ一族に継承されてきた伝統的モチーフが散りばめられたモデルとなっている。

170616_chrono_1815 (6).jpg

そんな1815の中で、ストップウォッチ機能を搭載したモデルが「1815クロノグラフ」だ。ダイヤル左側にスモールセコンド、右側に30分積算計を対称に配置し、脈拍計測用目盛りを配したデザインは、A.ランゲ&ゾーネがかつて製作した懐中時計をモチーフにしている。今回発表されたのは、18Kホワイトゴールドケース、深いブラックでコーティングされたシルバー製ダイヤル、ロジウム仕上げの針という、精悍なモノトーンモデルである。

170616_chrono_1815-(9).jpg

ケースの裏側はサファイアクリスタルのシースルーバックとなっており、刻々と時を刻む美しいキャリバー「L951.5」の動きを見ることが出来る。

新しい1815クロノグラフの価格は、税別543万円で、すでに日本でも販売が開始されている。詳細はA.ランゲ&ゾーネ公式ページをご確認いただきたい。

RECOMMENDEDおすすめの記事