プールにひしめく12台のポルシェ│空想?現実?車とアートの世界

Porsche AG

クリス・ラブロイは芸術大学の最高峰として名高いロンドンにある “ロイヤル・カレッジ・オブ・アート” で修士号を修め、卒業後、プロダクト・デザイナーとしてインテリア・デザインの道へ進んだ。そこで彼はふたつの自己認識を得ることになる。ひとつは、オブジェよりもイラストに魅力を感じること。そしてもうひとつは、アニメーション・レンダリングという特別な手法によって独自の世界観を創造する自らの能力についてである。

彼が尊敬するデザイナーは、マーク・ニューソン。ニューソンが初めてデザインしたシルバーのアルミ製チェアは、かつてオークションに出品され、100万ポンド以上の値がつけられている。ラブロイにとってまさに憧れの存在なのだ。「世界中の人々が彼の作品を称えました。しかし、オブジェ作品よりも彼のイラストを好む人が少なくないのも事実です」とラブロイは語る。

そうして、ラブロイがたどり着いた結論は、「オブジェの製作を止める」ことであった。彼はもともと  “人は実在するほとんどの物を必要としていない” という持論を持っていた。そして、その持論を裏付けるかのように、彼のイラストレーションを求める需要は高まっていった。ラブロイのアニメーション製作は、地元の建築オフィスからの依頼でスタートし、アバディーン(スコットランド北東部の都市)の石油会社からのビッグ・オファーへと発展した。ラブロイが得意とするのは、タイポグラフィによる躍動感の表現だ。実在するオブジェを文字や言葉へと変形させていく。彼の出世作ともいうべき “Made in the USA” をテーマにしたイラストレーションは、アメリカのニュース雑誌『Time』の表紙を飾っている。

彼の作業風景を見せてもらうと、コンピューターを起動すると、グラフィックボードのタッチペンを手に取り、何やらラインを描き始めた。その手はミリ単位で上下左右を繰り返す。そしてわずか数分でモニター上に街並みのデッサンが完成するのだ。最初の段階におけるプリミティブ・デッサンである。「イラストが完成するまでには通常数週間かかりますが、最近はコンピューターにいろいろ助けられています。たとえば、アイディアのフィードバックはすぐにこうやって...」と話しながら、ラブロイはたった数秒間で1台の車を塗装してみせた。そして、太陽の仮想位置をずらすと、マシンの塗装の光沢が瞬く間に新しくレンダリングされる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事