ファッショナブルに彩るシトロエン│シックなカラーになったC3 エアクロス SUV特別仕様車

シトロエン100周年を迎えた2019年の7月に日本でデビューした「C3 AIRCROSS SUV」は、昨今注目著しいBセグメントのコンパクトSUVとして、グローバル市場にて大ヒットとなり、日本でも同様に人気を博している。欧州において累計25万台を超える好調なセールスは、SUVにおいてコンフォート性能という新たな価値をマーケットに提案し、そこにポップで個性的なスタイリングや色使い、高い安全性やモジュラーシートをはじめとするユーティリティが評価されたものといえる。

そして今回、日本市場に導入されるこの搭載される「C3 AIRCROSS SUV C-Series Chic Edition」は、昨年の100周年記念モデル「C3 AIRCROSS SUV Origins」につづくグローバルな特別仕様車。グリ プラチナムもしくはナチュラル ホワイトのモノトーンのボディカラーをベースに、あえてこのモデルの特徴であったリアクオーターのベネチアンストライプを廃し、ブラックのルーフとルーフレール、そしてマット塗装のディープレッドアクセントというカラーコーディネイションで、シックにまとめた。



インテリアも同様にダークグレーにディープレッドのアクセントを入れたざっくりとしたツイード調のシート素材を用いC-Seriesのタグがつき、フロアマットなどにもダークレッドのステッチをあしらっている。他にも特別仕様車の証としてドアミラー下フロントドアにはC-Seriesのバッジ、ドアステップにもC-Seriesのロゴのメタル装飾が加わっている。



なお、内外装の意匠のみならず装備も充実しており、テップレザーダッシュボードやShineグレードでパッケージオプションを選択しないと装着されないグリップコントロール*(ヒルディセントコントロール付き)が標準となっている。また、純正装着タイヤは205/60 R16のサマータイヤとし、一般路での快適性、静粛性、燃費性能に配慮している。

ネーミングのC-SeriesのCは、101年目を迎えたシトロエン創立以来追求してきたたComfort(コンフォート=快適)のCであり、同時にChicのCでもある。個性とシックな感性のカラーリングをまとったこのモデルは、路上で、街でオーナーの日常をよりファッショナブルに彩ってくれるだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事