フォルクスワーゲン初の電気自動車SUV ID.4の生産がスタート

volkswagen

フォルクスワーゲン初の電気自動車SUV、「ID.4」の生産がツヴィッカウで開始された。「ID.4」は、9月末に世界初公開される。これは、フォルクスワーゲンがe-モビリティにおいて世界のマーケットリーダーになるという目標達成に向けた重要な一歩である。フォルクスワーゲン グループは、2024年までに約330億ユーロを投資し、そのうちの110億ユーロはフォルクスワーゲン ブランドに割り当てられる。

フォルクスワーゲン ブランドは、2025年に150万台の電気自動車を生産するという目標を掲げている。「フォルクスワーゲンは今回の“ID.4”をもって、世界最大の成長セグメントであるコンパクト SUVクラスに新たなEVで進出します」と、フォルクスワーゲン ブランド最高経営責任者(CEO)のラルフ ブランドシュテッターは述べている。

「“ID.4”は、“ID.3”に続き、モジュラー エレクトリックドライブ マトリックス(MEB)をベースにした2番目のモデルです。将来的にこのモデルは、ヨーロッパおよび中国で、その後は米国でも生産・販売する予定です。これにより、世界規模でMEBプラットフォームのスケールメリットを活かし、“ID.”ファミリーを成功に導くための経済的基盤を構築します」

e-モビリティ担当取締役のトーマス ウルブリッヒは、次のように述べている。「フォルクスワーゲンブランドにおける e-モビリティへの変革プロセスは、予定通りに進んでいます。今回、“ID.3”に続き、“ID.4”の生産が開始されました。この数カ月間で直面した大きな社会的課題を考えると、“ID.4”の生産を開始できたことは、大きな成果と言えるでしょう。特にフォルクスワーゲン ザクセンの ID チームのすべてのメンバーに感謝します。“ID.”ファミリーの 2 番目のモデルは、つい最近まで内燃エンジン搭載車を生産していたこの工場から、既にラインオフしているのです」 

ツヴィッカウは、e-モビリティへの移行において重要な役割を果たす。大規模な自動車工場が、e-モビリティ専用工場へと全面的に改装されるのは初のことである。投資額は、約12億ユーロに上る。EV専用工場としてフル稼働する最初の年となる2021年には、モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス(MEB)をベースにする約 30 万台の電気自動車が、ツヴィッカウ工場からラインオフする予定となっている。

それにより、この拠点は、ヨーロッパ最大かつ最も効率的なEV工場となり、フォルクスワーゲンのグローバルな生産ネットワークの変革を先導する役割を果たすことになる。この電気自動車SUVを、世界レベルで展開する準備も本格化している。中国の安亭工場では、「ID.4」の量産試作を既に開始しており、米国のチャタヌーガ工場では2022年から「ID.4」の生産を開始する予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事