ロバート・ダウニー Jr.が特注した!インテリアもお洒落なBMW 3.0 CS

Speedkore

ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるカスタムショップSpeedKoreはレストモッドなどカスタム界で名を馳せている存在だ。これまで、ダッジなどアメリカ車のカスタムを中心としてきたが、今回俳優のロバート・ダウニー Jr.の依頼により初めて、ドイツ車のカスタムを行った。

1974年 BMW 3.0 CSをベースに、見事に現代の要素を取り入れた「クール」な一台を仕上げた。フロントエアダム、ロッカーモールディング、リアバンパーにカーボンを採用し、ボディはスチールのままを残している。エクステリアのペイントはブリックレッド(赤レンガ)カラーで、キドニーグリルとウィンドウ周りはセラコートチタングレーで仕上げられている。ガンメタルのHRE 3ピース鍛造ホイールもこのルックスを仕上げている大きなポイントであろう。また、リアスポイラーもカスタムで備えられている。



インテリアについても"クラシックモダン"で、Nardi製のステアリングはグレーのウッド調に。ダッシュボードもステアリングと同様のデザインとなっている。シートはコーヒー色の布とレザーが組み合わせられている。後部座席はラゲッジラックに置き換えられている。



また、311hpを発揮するS38エンジンによってパワーアップも図られているため、デザインも性能も楽しむことができるだろう。価格等は未公表だが、ロバート・ダウニー jr.の一台によってカスタム文化がさらに広がったといえるだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事