記念すべき4万台目がラインオフ│世界的な人気を維持するベントレー・フライングスパー

Bentley

ベントレー・フライングスパーの4万台目がラインオフした。2005年の初代発売以来、まったく新しく生まれ変わった第3世代も世界的な人気を維持しているモデルである。

当初はコンチネンタル フライングスパーと名付けられたこのモデルは、コンチネンタル GTとの差別化を図るためにフライングスパーへと進化し、パフォーマンスを重視した俊敏性と、リムジンスタイルの専用4ドアの快適性の完璧な融合を一貫して実現してきた。

フライングスパーは、ベントレーらしい大胆でエキサイティングなロードプレゼンスと、他の追随を許さないレベルの快適性と洗練さを備えた豪華なキャビンを備えており、他のどの車にもない方法でドライバーと同乗者の両方を満足させてきた。英国最高のクラフツマンシップと最先端の革新的なテクノロジーが見事に融合した第3世代のフライングスパーは、ベントレーの新たなフラッグシップとなり、「世界最高の新型車」と称賛されている。



フライングスパーの3世代のすべては、設計、エンジニアリング、開発、製造をクルーのベントレーの本拠地で行っており、デザイナー、エンジニア、職人の熟練した力によって生産の節目を迎えている。製造された4万台のうちそれぞれの1台は、専用の製造ラインで100時間以上を費やし、250名のチームがフライングスパーを1台1台丁寧に手作業で組み立てている。完成後、何百回もの品質チェックが行われた後、ベントレーが事業を展開する68カ国のいずれかの国で、目の肥えたオーナーのもとへと出荷される。

15年間で4万台のフライングスパーが製造されているが、約50%がベントレーの2大市場である中国とアメリカのカスタマーからの注文であるという。ベントレーの本拠地であるイギリスでは、ベンチマークとなる高級グランドツーリングセダンの確固たる人気を背景に、約10%のフライングスパーが巣立っている。このモデルの真の国際的な魅力を証明する一方で、残りの40%の車は、ヨーロッパ、中東、アジア太平洋地域のカスタマーがドライブを楽しんでいる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事