世界最古のクラブが協力│ロールス・ロイスの本社に20台のビンテージモデルが集合!

Rolls royce

2020年9月4日、ロールス・ロイスの本社に20台のビンテージ・ロールス・ロイスが集まった。

世界最古のロールス・ロイス・カークラブである20ゴーストクラブのメンバー向けのイベントで、1940年以前に製造されたロールス・ロイスのみが20台集まった。1904年から製造されたロールス・ロイスのうち、4分の3が現在でも走っているという。集まったモデルは、ロールス・ロイス 20/25、シルバーゴースト、ファントムIおよびファントムIIなど。



1920年9月に製造されたシルバーゴーストには、H.J. マリナーによるオープントップのリムジンボディが与えられ、シルバーとブラックで仕上げられている。2011年に現在の所有者によって買収され、それ以来20-ゴーストクラブツアーを中心に1万7000マイル以上走行しているという。



招かれたゲストは特別に用意されたピクニックランチを楽しんだ。シャンパーニュと、ロールス・ロイスで生産された蜂蜜のプレゼントもあったそうだ。また、最新のロールス・ロイスのプライベートビューイングも行われ、ワールドプレミアからわずか3日後に、新型ゴーストを見ることができる特権も与えられた。新型ゴーストは、これまでに開発された中で最も技術的に進んだロールス・ロイスとなっており、刺激的なものであっただろう。

ロールス・ロイス・モーターカーのヘリテージ責任者であるアンドリュー・ボールは、次のように述べている。「グッドウッドにある私たちの拠点に20ゴーストクラブを迎えられ、とても嬉しく思います。ロールス・ロイスの現存する最古の自動車クラブとして、ユニークな遺産を維持する上で重要な役割を果たしています。ロールス・ロイスが"世界で最高の車"の称賛を最初に獲得したのはシルバーゴーストでした。新しいゴーストによって、私たちはその評判を支持し、さらに強化しています。最古のモデルと最新のモデルを一緒に見ると、設計技術とオーダーメイドの機能の点で、元の車がどれだけ進んでいるかがわかります。私たちの新しいゴーストは、創業時の原則である楽さ、卓越性、静けさを忠実に守っています」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事