ドリフトで210周!ポルシェ・タイカンが最長ドリフトでギネス世界記録を達成

Porsche AG

ポルシェ・タイカンが、電気自動車での最長ドリフトでギネス世界記録™に登録された。これまでの世界記録のシーンは、ポルシェ・エクスペリエンス・センター(PEC)ホッケンハイムリンクだった。

ポルシェのインストラクターであるデニス・レテラは、200メートルの長さのドリフトサークルで210周を走行した。その合計は42.171キロメートルとなり、連続ドリフトで世界最長記録を達成したのだ。平均速度は46km/hだった。この記録は、中国で販売されているタイカンの後輪駆動モデルによって達成された。



「運転安定性プログラムをオフにすると、パワースライドは非常に簡単になります。特に、後輪のみを介して駆動されるこのモデルでは、十分なパワーで常に利用できます」とデニス・レテラはいう。「低重心とロングホイールベースが安定性を確保しています。シャシーとステアリングの正確な設計で、スライドするときでも、常に完璧な制御が可能です」

彼は現在、ポルシェ・エクスペリエンスセンター・ホッケンハイムリンクのチーフインストラクターだが、以前はカート、シングルシーター、耐久レースに出場していた。 「それでも、特にドリフトで210周の間集中力を高く保つことは非常に疲れました。私はステアリングでドリフトを制御することに集中しました。これはアクセルペダルを使用するよりも効率的で、スピンのリスクを減らします」



ギネスの専門家は、あらゆる種類の技術支援や他の専門家とともに記録を綿密に文書化した。テストの前に、地元の土地測量士がポルシェ・エクスペリエンスセンターの直径80メートルの面積をミリメートルの精度で測定。それから、車両内のGPSおよびヨーレートセンサーは、記録的な乗り物が撮影されたトラックの管制塔の屋根に設置されたカメラと同様に、文書化の目的で使用された。

この試みは、ギネス世界記録™の公式記録裁判官であるジョアン・ブレントの監督の下、PECのドライビング・ダイナミクスエリアで行われている。ブレントは5年以上にわたってギネス世界記録™のあらゆる種類の記録の試みを監督してきた。「ドリフト記録はいくつかありますが、EVでは私たちにとっても非常に特別なことです。ポルシェは真の先駆的な仕事をしました」と彼女は話した。



オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事