ECOALF×ミシュランがコラボ!リサイクル素材を用いたサステイナブルなローファー

ECOALF

ヨーロッパ発のサステイナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」とシューズライン「Soles By MICHELIN(ソールズバイミシュラン)」を有するタイヤメーカー「MICHELIN(ミシュラン)」がタッグを組み、このたびアップサイクリング・ローファーが誕生した。



今回発売された「UTO ローファー Soles By MICHELIN」は、両ブランド共にリサイクル素材を用いて完成させた。海洋ゴミを回収し、新たな製品を生み出す「ECOALF」がアッパーのメッシュ部分を担当。回収された海洋ゴミのペットボトルを一足あたり5本使用して再生されたポリエステル70%とリサイクルポリエステルを30%利用しており、生産過程においては従来のローファーと比較して二酸化炭素の排出を1万4773トン、排水量は38万4188リットルも削減しているという。



そしてローファーのソール部分はミシュランにとって初めての試みであるリサイクルラバーを使用。これは「Soles By MICHELIN」でつくるソールの生産過程に出るゴムの端材を利用して制作されている。加えてポルシェやフェラーリ専用につくられるスポーツタイヤ「PIROT SPORT(パイロット・スポーツ)」の意匠を採用した靴底になっている。

多くの場で話題に上がり、サステイナブルを意識することが増えたこの頃。永くこの地球を守っていくため、日常のちょっとした場面でサステイナブルな生活の"選択"を楽しんでみるのもいいだろう。


UTO ローファー Soles By MICHELIN
メンズシューズ、ブラック・ブラウンの2色展開、サイズ展開(25.5cm~27.5cm)
「エコアルフ 二子玉川」、「エコアルフ」もしくは公式サイトにて4月16日より発売中。
価格:1万2100円(税込)

RECOMMENDEDおすすめの記事